自転車を何千キロも「漕いで作る」コーヒー

世界10位のコーヒー生産地であるグアテマラに“自転車を使って作るコーヒー”がある。小規模農家でも持続可能な方法でコーヒーを生産できる「ドライ・バイシクル・パイピング」というこのアイデア。

今、この製法に世界が注目するのもうなずける。

©Makuake

写真右側、白い長ぐつの男性が跨っているのが自転車型の脱穀機。ペダルを漕ぐことでコーヒーチェリー(コーヒーの実)の果肉と豆を分離させるというもの。

コーヒー精製において欠かせない脱穀。ところが、精製に必要な設備も資金もノウハウもない小規模農家たちは、精製処理ができず、結果、安値で取引されるコーヒーチェリーのままで売却するしかない状態だった。

そんな現状に立ち上がったのが「GOOD COFFEE FARMS」代表者カルロス・メレンさん。自転車の動力を利用した脱穀機を考案・開発した人物だ。これなら小規模農家でも安価で手に入り、ランニングコストもかからない。

また「グアテマラのコーヒー農場では、脱穀の作業において大量の水が使用され、その汚水により環境汚染を引き起こしている地域もある」とカルロスさん。水も電気も燃料さえも不要な自転車脱穀は、ソーシャルグッドな解決策でもあるわけだ。

水を使わないメリットがもうひとつ。

コーヒーチェリーの糖分が水で流されず、通常より長い時間糖分が豆に吸収されるため、コーヒーチェリー本来の甘みを感じるフルーティーな風味に仕上がるそうで、日本のロースターにも高評価。すでに取り扱いのあるショップも多数存在するのだとか。

今回、応援購入サービス「Makuake」に、2020年に自転車脱穀で精製されたコーヒー豆を購入しながら、カルロスさんを支援するコースが登場。

すでに当初の目標であった200万円を突破し、現在はストレッチゴール(300万円)に向けて残り1ヵ月ちょっと。応援購入者全員にドリップバッグの追加プレゼントも用意されている。

©Makuake
©Makuake

『GOOD COFFEE FARMS』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/goodcoffeefarms/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ドイツのコブレンツに拠点を構え、競技用の高性能自転車を製造することで知られる「Canyon」が、独「アーヘン工科大学」と共同で設計した“新しいノリモノ”は...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
竹から生まれたサステイナブルなコーヒーカップ「Ecoffee Cup」から新デザインが登場。新作のモノトーンカラーをはじめとするクールで大人な雰囲気が漂う...
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...