55万円でオーナーになれる!世界で一番ECOな自転車カフェ「Wheelys 4」

移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。

「Wheelys 4」は、ソーラー発電と風力発電が装備されているだけでなく、空気清浄機としての機能や、使用済みのコーヒーかすを肥料へとリサイクルすることまで考えられています。

そんな次世代への取り組みを意識したグリーンなシステムとは裏腹な、レトロなデザインも人気の秘密。

小さい自転車に
大きな夢をのせて

「自分のカフェをオープンしてみたいなー」という夢があったとしても、なかなか実際の店舗を持つのは勇気と予算が必要なもの。

でも「Wheelys 4」は、自転車をベースにしているにも関わらず、湯沸かし器や、軽食も作れるコンロ、サーモス、冷蔵庫やタンクなど、コーヒーショップを始めるのに十分な設備が備わっているそう。

ソーラーパネルと風力発電の両方がついているので、曇りの日でも安心。さらに2016年夏に向けて専用アプリも準備中で、事前に注文してすぐに受け取れるシステムや、オーナーが手軽に在庫管理できるようなものになる予定とか。

軍資金は55万円!?

「Wheelys 4」は1台あたり4,999ドル(約55万円)で販売していて、スターバックスを立ち上げることに比べれば、1/100のコストで済むというメリットも。

過去のシリーズも含めると、すでに世界45ヶ国以上でオープンしている「Wheelys」のコーヒーショップ。あなたも、自転車カフェのオーナーになってみませんか?

Licensed material used with permission by Wheely’s Cafe
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
ドムドムバーガーの大ヒット商品、期間限定「丸ごと!!カニバーガー」。食べられるのは今のうち!
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
伊勢の産物を使ったモノづくりで、「皆様へほんまもんの伊勢のもんを届けたい。長年お世話になった伊勢へ恩返しがしたい」と、伊勢神宮に奉職して38年が過ぎた73...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
11月4日に大阪中崎町にオープンするコーヒースタンド「PATHFINDER XNOBU(パスファインダー・タイムスノブ)」。ラテアート世界チャンピオン・下...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
11月下旬、五感を使って暗闇を体験する「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク(DID)」が、国立競技場前の「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を新たな拠点...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
原宿駅から徒歩2分の立地にあるカフェ「dotcom space Tokyo」。ここには、「Drip」という名の自動ハンドドリップマシーンが設置されていて、...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
100年前の銀座でもっともコーヒーがおいしかったと言われている名店。カフェ・ユーロップのバウムクーヘンです。こだわり抜いたバターやバニラビーンズをたっぷり...