廃棄される「コーヒーかす」でつくった、サステイナブルなカップはいかが?

これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。

何より素敵なのは、カップとソーサー自体からほのかにコーヒーの香りがすること。これ、じつはドリップ後の「コーヒーかす」を固めて作られているんです。

落としても割れないし
食洗器で洗える

気になるその製法はというと、「コーヒーかす」を乾燥させ、木材の粉末と接着剤を混ぜ、高圧で射出成型しているのだそうです。

使われている接着剤は天然由来のもので、コーヒーやお湯で溶け出す心配はなく、安全。また、陶器と比べると軽量で、落としても割れないという特色があります。しかも、食洗器だってOK。

地元のレストランから
原料を回収

今や、コーヒーは世界中で愛されている嗜好品のひとつ。でもそれは、同時にドリップしたあとの「コーヒーかす」も大量に出ているということでもあります。

製作者でもプロダクトデザイナー、ジュリアン・レヒナーさんによれば、彼はもともと「環境に配慮したブランドを立ち上げたい」と思っていて、毎日カフェでコーヒーを飲んでいるときに、このサステイナブルなアイデアが思いついたと言います。

現在、カップの原料は、彼の地元のレストランやカフェから毎日大量に出る「コーヒーかす」を回収して、使用しているそう。

このカップとソーサーは、レヒナーさん自身のブランド「Kaffeeform」にてオンラインで販売中。

すでに、地元ベルリンだけではなく、イギリス、フランス、オランダ、ノルウェーなど、各国のカフェや店舗などでも使用されているそうです。

「良いデザインは、シンプルで、環境に優しく、人の心を動かすものでなければなりません」

これは、レヒナーさんの信条。ちなみに、今後はカップだけでなく、「コーヒーかす」を利用した、ほかの製品についてもいろいろと模索していくとのことです。

Licensed material used with permission by Kaffeeform
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
5月14日、オーストラリア発のウェルネスブランド「Swisse Me」が「FOODPORN(フードポルノ)」というタイトルのCMを公開した。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
12月4日、「フォード」と「マクドナルド」が共同でプロジェクトを進めると発表。その内容は、マクドナルドが提供しているコーヒーの製造過程で出た“コーヒーかす...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。