どういう原理?「自動で回転するカップ」は見た目も実用度も抜群

クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて、回転することで飲み物を自動でかき混ぜてくれるカップ「WENO°(ウィノウ)」が発売中だ。

このカップ、動力電力などは一切不使用

回転する秘密は、台座に組み込まれた「軸受(ベアリング)」。カップに飲み物を注いで台座にすえ、軽く手で回すことにより、最適な力が加わればなんと45秒以上にもわたって回転し続けてくれるという。

カップに電極やスイッチ、ソケットなどがないため、普通の食器のように洗うことができ、また、かき混ぜるためのスプーンマドラーなども不要なので洗い物が減る&節水もできるとイイコト尽くめ!

自動かき混ぜ磁気カップ 「WENO°」
©SUNONE
自動かき混ぜ磁気カップ 「WENO°」
©SUNONE

デザインは、世界的な陶磁器の名産地「景徳鎮」の良質な白磁土を使用したオシャレな仕上がり。ホタル焼きと呼ばれる伝統技法で丁寧に細工し、透かし彫り模様を施すことで、飲み物の色がほのかに透け、回転しながら美しい風景を楽しませてくれる。

忙しい朝のコーヒータイムや休憩時間を素敵に演出してくれるカップ。気になる方はコチラから。

©️SUNONE / YouTube

Licensed material used with permission by SUNONE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
日本人の体型に合わせて開発された日本初の月経カップ『ROSE CUP(ローズカップ)』の魅力や他社製品との違い、使用可能時間など気になる疑問をメーカーの「...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
自然分解されるバンブーファイバーで作られたコーヒーカップ「Ecoffee Cup」より、異国の風情が漂うオシャレな新デザインが登場!

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。