スウェーデン生まれ「折りたためる月経カップ」が日本上陸

月経カップのニューフェイスが登場。

性教育先進国であるスウェーデン発のフェムテックブランド「INTIMINA」による「リリーカップワン」日本での販売をスタートした。

開発段階で産科医婦人科医助産師をはじめとした女性のカラダのプロフェッショナルを集めたアドバイザーチームを設立。ディスカッションを重ね、試行錯誤の末にたどり着いたのが同製品だという。

“折りたためる”というユニークな機能と付属の専用ケースのおかげで、コンパクトかつ衛生に配慮した持ち運びが可能に。また、やわらかい医療用シリコンを採用しているので、装着感が生じにくい&挿入がしやすいうえ、持ち手がリング型で取り外しも簡単。初心者でも気軽にトライできるのも嬉しい。

詳しい使い方はウェブサイトで。

ちなみに、売上の一部は女性の保護と福祉に特化したNGO団体に寄付されるそうだ。

©有限会社アジュマ
©有限会社アジュマ

INTIMINA Lily Cup One

【価格】5000円(税抜)

Top image: © 有限会社アジュマ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本人の体型に合わせて開発された日本初の月経カップ『ROSE CUP(ローズカップ)』の魅力や他社製品との違い、使用可能時間など気になる疑問をメーカーの「...
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
月経カップとは?使い方は?選び方は?助産師兼性教育YouTuber・大貫詩織(シオリーヌ)さんに、どうしても気になるあれこれを単刀直入に質問してみました!
実際に使っているミレニアルズ10人に、漏れない?面倒じゃない?などなど「月経カップ」に関するあれこれをアンケートしました。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
12月下旬、「コクミンドラッグOsakaMetro心斎橋駅店」にて生理用品「月経カップ」の取り扱いがスタート。日本国内のドラッグストアでは「初」の試み。
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。