バッグにすっぽり入る「折りたたみ」ヘルメット

最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほうがいいのかな…」。

そう思っているあなたには、この折りたたみヘルメット「FEND」を見てもらいたい。

「ヘルメットを持ち歩く抵抗」がなくなる

「折りたたみ」ヘルメット

髪型が崩れてしまうとか、面倒だとか、街中でヘルメットを被らない理由はたくさんあるだろう。でも、一番疎まれるのは「持ち歩きにくさ」では?軽いわりにはかさばるし、バッグに入れたらヘルメットだけで一杯になってしまう。

そう、ヘルメットが折りたためるというのは、革新だ。

「折りたたみ」ヘルメット

このように簡単に折りたためるのが、FENDヘルメット。まるで扇子をたたむかのようなイージーさは、面倒くささゼロ。

じつは…もともと自転車のヘルメットは折りたためた

と、いかにもセンセーショナルな書き出しとなってしまったが、自転車のヘルメットは元来折りたためるものだった。樹脂をつかったハードシェルと発泡スチロールの組み合わせが今でこそスタンダードだが、70年代のヘルメットと言えば「カスク」と呼ばれる革製。ソフトシェルで、当然折りたためるものだった。

つまり時代が進むにつれ、ヘルメットは折りたためなくなっていったのだ。

「折りたたみ」ヘルメット

つまり「FEND」は、カスクをあらためて現代によみがえらせたものとも言える。どこか懐かしさを感じる風貌も、そのせいかもしれない。

蒸れず、安全。
「FEND」は21世紀のカスク

「折りたたみ」ヘルメット

かつてのカスクは、「安全性」という面から樹脂製のヘルメットにシェアを奪われていった。一方で21世紀のカスクたるFENDは、アメリカのCPSC、欧州のEN1078といった安全基準をクリアしていて、安全性は折り紙付き。

また最新のヘルメット同様、走行風を通すため、サイクリング中に蒸れてしまうようなこともない。

KickStarterではじまった「FEND」プロジェクトは、サイクリストに大人気となっていて、すでに初期予約は完売。予定小売価格は120ドル(約12,000円)ながら、99ドル(約10,000円)のプランはまだ残っている模様。日本からも購入できるので、気になる方はお早めに。

Licensed material used with permission by FEND
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
7月19日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Lumos Ultra」は、方向指示器が搭載されている自...
欧米で数々の賞を受賞した革新的な自転車用ヘルメット「Lumos helmet」が日本で販売を開始する。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
首を捻ることなく360度の視界をライダーにもたらす「クロスヘルメットX1」はバイクの近未来的な乗車体験を提供するヘルメット。「Makuake」で先行予約受付中。
先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」に“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置。一見、ただの紙切れが渦巻いているように...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさ...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...