折りたためばバッグにも入る。これは「被りたくなる」ヘルメットだ

昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。

そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という意見がありそうだ。この「CLOSCA FUGA」は、そんなサイクリストたちに向けたもの。

折りたためるから
バッグにも入る

このヘルメットの特徴は「折りたたみ可能」というところ。押し込んでフラットにするだけ、と使い方も簡単だし、バッグに入れることだってできる。

「かさばるからヘルメットを被りたくない」という意見への、ひとつのアンサーだ。

これには、僕自身も同感。収納スペースを考えると、どうしても持ち運ぶのがイヤになってしまう。だから自転車に引っ掛けておくこともあるけど、盗まれないかと心配なのも事実。

シンプルで
耐久性もあり

デザインにもこだわりがある。

安全性を考慮するあまり、どうしても「分厚い」といったヘルメットのイメージを変えたくて、なるべくシンプルスタイリッシュなデザインにしたそう。もちろん、耐久性には問題なく、CPSC(アメリカの安全規格)とEN1078(ヨーロッパの安全規格)の保障を受けているそうだ。

こちらのサイトから購入可能で、値段も$125(約14,000円)。安全性とルックスを考えるならアリかもしれない。

オシャレは足元からって言うけれど、これを機に“頭から始めよう”と、僕は思った。

Licensed material used with permission by Closca Design
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
欧米で数々の賞を受賞した革新的な自転車用ヘルメット「Lumos helmet」が日本で販売を開始する。
7月19日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Lumos Ultra」は、方向指示器が搭載されている自...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
首を捻ることなく360度の視界をライダーにもたらす「クロスヘルメットX1」はバイクの近未来的な乗車体験を提供するヘルメット。「Makuake」で先行予約受付中。
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
アダルトグッズで有名なあの「TENGA」からワークアウトグッズが登場した。マスターベーションしながらにして筋トレができてしまうステンレス製のダンベルだ。
日本が誇る文化「抹茶」を新たな方法で世界に広めようとしている「World Matcha Inc.」は、自宅で気軽に抹茶を楽しめるガジェット「Cuzen M...
自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認...
旅先で“チョイ乗り”したいときに利用するサイクルシェアリングの普及率は、年々増加傾向にあります。最近では、自転車を持っている人と、借りたい人をマッチングさ...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
アクティブなライフスタイルを地でいくGO OUT編集長がオススメする育児グッズ。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...