折りたためばバッグにも入る。これは「被りたくなる」ヘルメットだ

昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。

そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という意見がありそうだ。この「CLOSCA FUGA」は、そんなサイクリストたちに向けたもの。

折りたためるから
バッグにも入る

このヘルメットの特徴は「折りたたみ可能」というところ。押し込んでフラットにするだけ、と使い方も簡単だし、バッグに入れることだってできる。

「かさばるからヘルメットを被りたくない」という意見への、ひとつのアンサーだ。

これには、僕自身も同感。収納スペースを考えると、どうしても持ち運ぶのがイヤになってしまう。だから自転車に引っ掛けておくこともあるけど、盗まれないかと心配なのも事実。

シンプルで
耐久性もあり

デザインにもこだわりがある。

安全性を考慮するあまり、どうしても「分厚い」といったヘルメットのイメージを変えたくて、なるべくシンプルスタイリッシュなデザインにしたそう。もちろん、耐久性には問題なく、CPSC(アメリカの安全規格)とEN1078(ヨーロッパの安全規格)の保障を受けているそうだ。

こちらのサイトから購入可能で、値段も$125(約14,000円)。安全性とルックスを考えるならアリかもしれない。

オシャレは足元からって言うけれど、これを機に“頭から始めよう”と、僕は思った。

Licensed material used with permission by Closca Design
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。