「かわいそう」を「かわいい」へ。医療用ヘルメットをペイントするアーティスト

「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。

心ない言葉を
かけられることも…

Aac9a014adb148781d3cdfa8e37e46352a02ac6a

こうした診断を受ける赤ちゃんのなかには、健康に影響のない形になるよう「リモルディングヘルメット」と呼ばれる矯正用のヘルメットをかぶって過ごすことになる子がいるのですが、せっかく授かった子どもに「ごめんね…」と自分を責めてしまう両親も多いと言います。

また、外に出かけた際に心ない言葉をかけられ、つらい思いをすることもあるといいます。

2f13edba45553095471855585612e31a951f2b3d

そんなヘルメットを、素敵にデコレートしてしまうアーティストがいます。米・ワシントン州在住のPaula Strawnさんは、ひとりひとりの赤ちゃんに合わせて、ヘルメットにかわいい絵を描いているんです。

F135e57623549d2683f667343bef737500683363

味気なかった医療器具が、とってもかわいくてポジティブなものに早変わり!両親がポジティブな気分になれるのも、大きい変化ですよね。

ひとりひとりに合わせて
ふたつとないペイントを

D67c91d26b8cf775b725d6397ca73e9fce5b7aaf

こちらは可愛らしい花柄。襟足のストライプがおしゃれ。

0acecfff70c53649e471c02d4cf64ca04ebfeaf3

気分はスーパーヒーロー!

D86311c1e9906326a44af3293930cd8cdf66315f

スターウォーズ大好き一家には、反乱軍のヘルメットを。あまりに嬉しくて、みんなでコスプレしちゃったそうです。

ひとりでも多くの人を
笑顔にしたい

これまで、3,000人近い赤ちゃんにヘルメットをペイントしてきたStrawnさん。

「娘が通っていた小学校の年配の先生がとても素敵な人で、私がアーティストだと聞くと、教室で絵を描く機会を与えてくれたりしていたんです。その先生が、ある日娘さんとお孫さんを連れて私の家に来ました。小さなお孫さんは見慣れないヘルメットを被っていました。先生は、ヘルメットを指差してこう言ったのです。

『ちょっと、このひどいヘルメットをどうにかしてよ』

そこで私が、かわいいペイントをしてあげたんです。そのヘルメットを見た主治医の先生が、とてもいい試みだということでお知らせのチラシを病院に置いてくれました。それがはじまりですね。

私は、この活動を生涯通して続けていきたいと思っています。あるいは、目が見えなくなるまで?筆が握れなくなるまで?今はまだわからないけれど、とにかくたくさんの人に、笑顔になって欲しいんです」

他にもたくさんある素敵なペイントは、StrawnさんのFacebookで見ることができます。ヘルメットをかぶる必要がある子どもの両親はもちろん、見ているだけほうもほっこり愛らしい気持ちになる、とっても素敵な活動ですね。

Licensed material used with permission by Paula Strawn
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
「Belly Bowl」は、ドイツのアーティストNadine Schwarkによって作られた石膏製の赤ちゃん用ベッド。なんと、出産前にママのお腹で型をとっ...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
ボディペインターのAsh Clementsが手がけるメイクは、アメコミからスプラッター映画のようなメイクまで、とにかくバリエーション豊か。しかも、全てのペ...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...