漂うのは、アーティストのカリスマ性と「コーヒー」の香り

弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再現されているようなクオリティ。

彼女は愛するミュージシャンの曲を聴きながら、筆で色を重ねてその情熱を真っ白なキャンパスの上に表現しているのです。

今にも歌いだしそうな
存在感

レコードから流れる大好きな曲を聴きながら、まったりと熱い一杯を飲むことがDianaさんの毎日の楽しみ。ある日、何気ない幸せの中でコップに入った飲み残しを見て、ふと思いつきました。

「大好きなコーヒーを使って、大好きなアーティストを描いてみよう!

その日から、好きな音楽を聴いて憧れの人々を描く「ハッピーな日々」が始まりました。音楽に対する熱い思いと彼らのカリスマ的なオーラも描かれた作品は、どれも芸術的。

なんだか私達もゆっくりと味わいながら、作品を眺めたくなりますね。

ジミ・ヘンドリックス

ギル・スコット・ヘロン

ウータン・クラン

ショーン・プライス

デヴィッド・ボウイ

プリンス

坂本龍一

作品と一緒に、微笑むDianaさん。次に彼女が描くのはどんなアーティストなのでしょうか?楽しみですね。

Licensed material used with permission by crade.one(Facebook), (Instagram)
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...