岐阜・可児市で世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで

ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきたそのギター工房が、岐阜県可児市にあります。

©2018 さかだちブックス

30人のクラフトマンの手から生まれる
1日20本の「本物」

©2018 さかだちブックス

ヤイリギターでは、熟練の技術を持った30人のクラフトマンたちが1本1本手作業でギターをつくっています。1日に生産できる本数は20本ほど。この規模のギター工房としては決して多くはない本数ですが、プレイヤーに本物のギターを届けるために、手作業による多種少量のものづくりの姿勢を守り続けてきました。

「K.YAIRI」の誕生まで

©2018 さかだちブックス

ギターづくりは基本的には分業制で、20近くある制作工程を職人がそれぞれ分担してギターを組み立てていきます。

まずは、木の個性を知り尽くしたクラフトマンが素材の木材を選ぶところから。木材が高く積み上げられた材料倉庫は一歩足を踏み入れると木の香りが漂います。湿度によって変形しないよう、材料を3〜4年、長いものではなんと10年以上も自然乾燥。日本の高温多湿の気候に慣らすことで、はじめてギターの材料として使うことができるのです。

©2018 さかだちブックス

乾燥させた板から、ギターのトップ(表面)に使う部分を選別してギターのひょうたん型に抜きます。ちなみに、トップに使われる木材は、直径1m以上の大木の丸太のうちたった3分の1と、とても貴重なものなんだとか。

©2018 さかだちブックス

大きな機械を使って行うのは、サイドの板をひょうたん型にしならせる工程。板をお湯にどっぷりとつけて水分を含ませた後、専用のプレス機でゆっくりと熱をかけながら美しい曲線を生み出します。

何年もかけて乾燥させた板を濡らしていいの? と思いきや、短時間に一気に水分を吸収させる分には、すぐに水分が抜けていくため影響がないそうです。

©2018 さかだちブックス

曲線を描いた最後の板と、ひょうたん型のトップの板を膠(にかわ)で接合するといよいよギターらしいかたちに! 接合部分は、バインディングと呼ばれる樹脂や木でできた装飾材で囲むように隙間を埋めていきます。

バインディングは見た目を美しく仕上げるだけでなく、角を保護するためでもあります。美しさと耐久性は、まさに表裏一体。

©2018 さかだちブックス

ここは、湿度管理された「シーズニングルーム」。塗装前のギターの保管庫です。

スピーカーから大音量で音楽が流れていました。徹底的に湿度管理がなされた部屋で、ギターに音を聞かせることで、完成前から振動を与え、よく鳴る楽器に育てるのです。その様子は、お腹の中の赤ちゃんへの “胎教” にも例えられます。

©2018 さかだちブックス

いよいよ、ボディとネックの接合。

ボディのくぼみにネックの出っ張りを組み合わせるようにはめ込みます。ネックの角度は弦の高さを左右し、形状はプレイヤーの手の感覚にも直接影響する重要な部分。

©2018 さかだちブックス

ヤイリギターでは、ネックの形を「三角型」「かまぼこ型」「ヤイリ型」の3種類制作しています。経験によって培われた感覚で、のみや小刀を巧みに操り微調整を重ねます。

滑らかにスルスルと削っているように見えますが、ネックシェイプは特に熟練の技術が必要で、この道40年のクラフトマンだからこそできる職人技。完成品のギターもよく見ると、のみで削ったあたたかみのある手仕事の跡が残っています。

©2018 さかだちブックス

音の振動を妨げないよう、極薄の塗装を重ねたギターは制作の終盤に入ります。フレットと呼ばれる音程調整の金具の取り付けは、7割を機械で仮打ちし、残りの3割は手作業。

©2018 さかだちブックス

トントンと軽快なリズムを刻みながら、寸分狂わぬ正確さで1本1本丁寧に埋め込んでいきます。フレットが埋め込まれたギターには、再び音楽を聴かせて響く楽器に育てます。

©2018 さかだちブックス

最後にワックスをかけて鏡面のようになるまで磨き、弦を張って仕上げたあとは、1本1本サウンドチェック。職人たちの厳しいチェックをクリアしたものだけが、晴れて世界中のプレイヤーのもとへと旅立ちます!

生涯パートナーでいられるギター
「永久品質保証」

©2018 さかだちブックス

すべての工程を終えてギターが完成するまで、およそ3ヶ月。クラフトマンたちが1本1本のギターに真摯に向き合い制作する過程から、多くのギタープレーヤーを魅了する所以が伝わってきました。

それから、完成後の「永久品質保証」というアフターケアもヤイリギターのこだわり。リペア専任のクラフトマンがプレーヤーとギターが生涯パートナーでいられるよう、そして一世代だけでなく、子や孫へ弾き継がれるようサポートします。

©2018 さかだちブックス

プレイヤーと観客を魅了する音色、そして楽器の枠を越えてモノとしての美しさを兼ね備えたヤイリギター。

ギターに「K.YAIRI」の文字を見つけたら、クラフトマンたちの手の温度を感じてください。

ヤイリギター

住所:岐阜県可児市下恵土3230-2
工房見学:毎週土曜
1部 10:00~、2部 13:30~
の2部制(要予約)

繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
かつては日本の川にも生息していたチョウザメですが、キャビアの原料となる卵や、コラーゲンを豊富に含んだ肉を目当てに乱獲され絶命危惧種に。しかし現在、日本各地...
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜・養老郡にあります。「楕円形のフィールド...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
今回紹介したいのは「お寺ステイ」が、岐阜県高山市にある高山善光寺と共同で行なったリノベーションプロジェクトです。
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...