温泉熱のポテンシャルを物語る「奥飛騨のドラゴンフルーツ」

世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていますか?

それは温泉熱です。全国に3,000カ所以上の温泉がある日本。エネルギー源としてこれを利用しない手はありません。すでに全国各地で、温泉熱を利用したさまざまな取り組みが行われています。

なかでも興味深いのが、岐阜県の奥飛騨です。温泉地として知られるこの地域では、10年ほど前からその熱を利用して、ドラゴンフルーツを中心に熱帯果樹を栽培しています。

th_ph_Dこれがその農園。しんしんと雪が降り注ぐハウスの中で、まさかドラゴンフルーツが栽培されているとは!

北アルプスや白山山系に囲まれ、高地特有の寒暖差のある奥飛騨は、豊富な水源にも恵まれています。地の利を活かした農業も盛んな地域ですが、どうして南国のフルーツであるドラゴンフルーツを栽培することになったのでしょう?

そんな疑問に「アメリカで食べたドラゴンフルーツの味が衝撃的だったから」とすこぶる純粋で明快な回答をしてくれたのは、現在30種以上(!)のドラゴンフルーツを栽培している『フルージック』代表の渡辺祥二氏。

日本ではイマイチなじみの薄い果物のせいもありますが、ドラゴンフルーツに対して「美味しい!」というイメージを持っている人は少ないと思います。渡辺氏によると「それは本当に美味しいドラゴンフルーツを食べたことがないから」だそう。

th_ph_Bハウスの内観。ドラゴンフルーツの実のなり方を見るのは、はじめてという人も多いのでは? こんなふうにできるんですね。

th_ph_E パイプに流れる真水(循環水)を温泉熱で温めるシステムが採用されています。

そこまで言われると「味わってみたい!」と思いますが、残念ながら(?)、この『奥飛騨ドラゴン』は市場にはほとんど流通せず、95%が地元で消費されているそうです。岐阜の山間地で、日常的に南国フルーツであるドラゴンフルーツが食べられているなんて、ちょっと想像がつきませんよね。

つまり、奥飛騨が誇る、国産ドラゴンフルーツが食べたければ、現地に行くしかないのです。観光農園としてもオープンしている『フルージック』では、5~6種類(時期により変動)ものドラゴンフルーツの食べ比べができるそう。

th_ph_Cこちらが実際のドラゴンフルーツ。見た目からも多様な種類があるのがわかります。

なお、ドラゴンフルーツの旬は、8~10月とのこと。お取り寄せも可能なので、お中元やギフトとしても珍しく、喜ばれそうですね。

奥飛騨ではドラゴンフルーツの栽培以外にも、スッポンの養殖、チョウザメを飼育してキャビアを生産したりと、知られざる新たな名産品が生み出されています。温泉熱のポテンシャルと奥深さに脱帽です。

地域資源で新しい取り組みにチャレンジすることは、観光資源へとつながると同時に地元の若者たちの活力にもなります……が、まずは難しいことを考えずに、『奥飛騨ドラゴン』を味わってみませんか?

●有限会社フルージック岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾952http://www.frusic.co.jp/※詳細はお問い合わせください。
フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

かつては日本の川にも生息していたチョウザメですが、キャビアの原料となる卵や、コラーゲンを豊富に含んだ肉を目当てに乱獲され絶命危惧種に。しかし現在、日本各地...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
今回紹介したいのは「お寺ステイ」が、岐阜県高山市にある高山善光寺と共同で行なったリノベーションプロジェクトです。
「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かってい...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
南国のカクテルを連想させる、エキゾチックな色の正体はレッドピタヤ。「ドラゴンフルーツ」とも呼ばれるピタヤには、果肉が赤と白2種類あることでも知られています...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...