温泉熱のポテンシャルを物語る「奥飛騨のドラゴンフルーツ」

世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていますか?

それは温泉熱です。全国に3,000カ所以上の温泉がある日本。エネルギー源としてこれを利用しない手はありません。すでに全国各地で、温泉熱を利用したさまざまな取り組みが行われています。

なかでも興味深いのが、岐阜県の奥飛騨です。温泉地として知られるこの地域では、10年ほど前からその熱を利用して、ドラゴンフルーツを中心に熱帯果樹を栽培しています。

th_ph_Dこれがその農園。しんしんと雪が降り注ぐハウスの中で、まさかドラゴンフルーツが栽培されているとは!

北アルプスや白山山系に囲まれ、高地特有の寒暖差のある奥飛騨は、豊富な水源にも恵まれています。地の利を活かした農業も盛んな地域ですが、どうして南国のフルーツであるドラゴンフルーツを栽培することになったのでしょう?

そんな疑問に「アメリカで食べたドラゴンフルーツの味が衝撃的だったから」とすこぶる純粋で明快な回答をしてくれたのは、現在30種以上(!)のドラゴンフルーツを栽培している『フルージック』代表の渡辺祥二氏。

日本ではイマイチなじみの薄い果物のせいもありますが、ドラゴンフルーツに対して「美味しい!」というイメージを持っている人は少ないと思います。渡辺氏によると「それは本当に美味しいドラゴンフルーツを食べたことがないから」だそう。

th_ph_Bハウスの内観。ドラゴンフルーツの実のなり方を見るのは、はじめてという人も多いのでは? こんなふうにできるんですね。

th_ph_E パイプに流れる真水(循環水)を温泉熱で温めるシステムが採用されています。

そこまで言われると「味わってみたい!」と思いますが、残念ながら(?)、この『奥飛騨ドラゴン』は市場にはほとんど流通せず、95%が地元で消費されているそうです。岐阜の山間地で、日常的に南国フルーツであるドラゴンフルーツが食べられているなんて、ちょっと想像がつきませんよね。

つまり、奥飛騨が誇る、国産ドラゴンフルーツが食べたければ、現地に行くしかないのです。観光農園としてもオープンしている『フルージック』では、5~6種類(時期により変動)ものドラゴンフルーツの食べ比べができるそう。

th_ph_Cこちらが実際のドラゴンフルーツ。見た目からも多様な種類があるのがわかります。

なお、ドラゴンフルーツの旬は、8~10月とのこと。お取り寄せも可能なので、お中元やギフトとしても珍しく、喜ばれそうですね。

奥飛騨ではドラゴンフルーツの栽培以外にも、スッポンの養殖、チョウザメを飼育してキャビアを生産したりと、知られざる新たな名産品が生み出されています。温泉熱のポテンシャルと奥深さに脱帽です。

地域資源で新しい取り組みにチャレンジすることは、観光資源へとつながると同時に地元の若者たちの活力にもなります……が、まずは難しいことを考えずに、『奥飛騨ドラゴン』を味わってみませんか?

●有限会社フルージック岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾952http://www.frusic.co.jp/※詳細はお問い合わせください。
フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

関連する記事

かつては日本の川にも生息していたチョウザメですが、キャビアの原料となる卵や、コラーゲンを豊富に含んだ肉を目当てに乱獲され絶命危惧種に。しかし現在、日本各地...
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
果汁工房「Karin」などを展開する果物専門店「青木フルーツホールディングス株式会社」が、フルーツジュースバー&デリ「FRUITS IN LIFE(フルー...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
今年もそろそろ花粉症の季節がやってきた。フルーツを食べて体の内から対策をしよう。
大人気の「フルーツバター」を販売する、山形県に本社を構える「株式会社セゾンファクトリー」から注目の新メニューが誕生!その名も「フルーツバターのどらやき」。
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
このほど本拠地があるシアトルで「カップを借りる」プログラムが試験導入。市内の5店舗で、5月31日まで実施するという。
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
江戸時代、徳川家にも献上された飛騨山椒をたっぷり使った「山椒七味」。香り、辛さ、痺れのバランスが秀逸な七味唐辛子です。
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...