フルーツサンドに必要なのは、インパクトだ

ここ数年、専門店ができるなどカフェでも人気のフルーツサンド。その主役を張るくだものといったら、いちご、ぶどう、メロンなんかが定番ですが、インパクトだけなら、キウイでしょ。それもどーんと丸ごといっちゃいますよ!

ど迫力、キウイ丸々2個使い

あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。爽やかな酸味が広がる、夏にぴったりなテイスト。

マーマレードジャムとキウイの酸味を活かし、甘いホイップクリームのなかに包み込みました。

【1】ボウルに生クリーム(150ml)、きび砂糖大さじ2を入れて泡立てたら、食パンにマーマレードとできあがったホイップクリームを順に塗っていきます。

【2】皮をむいたキウイをどーんと2つ使いましょう。そのままパンの上にのせます。残りのホイップクリームとマーマレードを塗ったもう1枚の食パンでサンドします。

【3】そのままラップで包んで冷蔵庫に10分〜15分。ほどよく冷え固まったところでキウイの断面が出るように半分にカットします。サンドしてすぐに切ろうとすると、クリームがたれて形が崩れる原因に。かぶりつきたい気持ちをぐっとガマンして、冷蔵庫で冷やしてからカットしましょう。

さあ、豪快にめしあがれ。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
今回、@mai_smoothieが教えてくれるのは、爽やかなキウイの甘酸っぱさにヨーグルトをMIXにした、ヘルシーなスムージー。キウイに含まれる豊富なビタ...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
キウイの皮を向いた際、皮に残った果肉をフル活用するオドロキの料理ハックです。
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
そこで、手軽に楽しめる「フルーツジェンガ」ならいかがでしょう。難しく見える?じつはこれ、カットしたフルーツをジェンガ状に互い違いにのせただけ。
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
インドネシア・バリ島で手軽に味わえるおやつ「ロティ・バカール」。食パンのあいだにチーズ、ジャム、練乳をベースにお好みの具をはさんで、鉄板で焼いたバリの屋台...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
サラダやドライカレーにトッピングするレーズンは見慣れていても、これをバルサミコ酢に漬け込むというのはあまり聞いたことがないかもしれません。甘酸っぱさが引き...
日本の夏の風物詩に、かき氷を欠くことはできません。でも氷で涼を得るのは、東南アジア全般でもあります。たとえばインドネシア、「エス・ブア」というフルーツたっ...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど...
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...