フルーツサンドに必要なのは、インパクトだ

ここ数年、専門店ができるなどカフェでも人気のフルーツサンド。その主役を張るくだものといったら、いちご、ぶどう、メロンなんかが定番ですが、インパクトだけなら、キウイでしょ。それもどーんと丸ごといっちゃいますよ!

ど迫力、キウイ丸々2個使い

あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。爽やかな酸味が広がる、夏にぴったりなテイスト。

マーマレードジャムとキウイの酸味を活かし、甘いホイップクリームのなかに包み込みました。

【1】ボウルに生クリーム(150ml)、きび砂糖大さじ2を入れて泡立てたら、食パンにマーマレードとできあがったホイップクリームを順に塗っていきます。

【2】皮をむいたキウイをどーんと2つ使いましょう。そのままパンの上にのせます。残りのホイップクリームとマーマレードを塗ったもう1枚の食パンでサンドします。

【3】そのままラップで包んで冷蔵庫に10分〜15分。ほどよく冷え固まったところでキウイの断面が出るように半分にカットします。サンドしてすぐに切ろうとすると、クリームがたれて形が崩れる原因に。かぶりつきたい気持ちをぐっとガマンして、冷蔵庫で冷やしてからカットしましょう。

さあ、豪快にめしあがれ。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
今回は中目黒にある「フツウニフルウツ」。かわいくて映えなフルーツサンドを食べてみたで!キッチンカーで販売しているので神出鬼没。SNSで人気のお店って実際は...
大人気の「フルーツバター」を販売する、山形県に本社を構える「株式会社セゾンファクトリー」から注目の新メニューが誕生!その名も「フルーツバターのどらやき」。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
2018年、LAでブレイクした「ジャパニーズ・エッグサラダ・サンドイッチ」がニューヨークへと飛び火。全米中でタマゴサンドがブームに。
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
キウイの皮を向いた際、皮に残った果肉をフル活用するオドロキの料理ハックです。
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
今回、@mai_smoothieが教えてくれるのは、爽やかなキウイの甘酸っぱさにヨーグルトをMIXにした、ヘルシーなスムージー。キウイに含まれる豊富なビタ...
食糧危機に備え、4Dプリンターで“フルーツ”を生み出すプロジェクト。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
そこで、手軽に楽しめる「フルーツジェンガ」ならいかがでしょう。難しく見える?じつはこれ、カットしたフルーツをジェンガ状に互い違いにのせただけ。
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
インドネシア・バリ島で手軽に味わえるおやつ「ロティ・バカール」。食パンのあいだにチーズ、ジャム、練乳をベースにお好みの具をはさんで、鉄板で焼いたバリの屋台...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!