夏野菜ならぬ 「夏フルーツ」のサラダ

暑さにやられて、普段のようにモリモリ食べられなくなる時期が、もうまもなくやってきます。そんなときはサラダを選んで、少しでも食べる喜びを感じるのはいかがでしょう。

普通にサラダじゃおもしろくありません。夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」をチョイスした、Nicholas Dayのサラダをご紹介。それぞれグリルすることで、甘さがぐんと引き立つそうですよ。「Food52」よりドウゾ!

©James Ransom

夏にぴったりの「焼きフルーツのサラダ」です。ジュワッと口の中に広がるジューシーさがたまりません。熱々の桃とあんずは、普段あまり食べる機会がない、ケールと一緒にいただきます。

さりげなく飾られたフェタチーズとプロシュートの組み合わせも、おいしさを演出する重要な食材です。

材料:4人分

ケール(茎を切る):1束
あんず(半分に切る):4個
桃(半分に切る):4個
プロシュート(薄くスライス):110g
フェタチーズ:60g
オリーブオイル:大さじ4
レモン果汁:大さじ1

作り方

【1】鉄板をあらかじめ温めておく。温めている間にケールの葉っぱをひと口大に切って、大きなサラダボウルに入れる。塩をひとつまみにオリーブオイルを大さじ1杯分注ぎ、ケールがやわらかくなるまでよく揉み込む。

残りのオリーブオイルとレモン果汁は、一緒に混ぜてドレッシングをつくる。プロシュートも細かく切っておく。

【2】鉄板がある程度温まってきたら(熱しすぎはダメ)、あんずと桃に軽くオイルを塗って、焼く。切り口を鉄板に当てて、キャラメリゼする。

【3】フルーツが焼けてきたら、あらかじめ用意しておいたドレッシングとケールを軽く混ぜて、砕いたフェタを散らす。

まだ熱を持つ桃とあんずにプロシュートを加えて、垂れる果汁をケールに染み込ませる(鉄板に果汁が溜まっていたら、それも最後の一滴まで使ってあげる)。できあがったら、カリカリのパンと一緒に召しあがれ。

Written byNicolas Day
Licensed material used with permission by Food52
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。