衝撃……夏の定番「スイカ」と「カレー」がサラダになるなんて

こういう記事を目にすると、本当にインドカレーは奥が深い!と言わざるを得ません。だって、あのスイカすらカレーになっちゃうんですから。実際にはカレーと同じようにスパイスで仕上げたスイカのサラダなんですけどね。

インド北部の伝統料理を「Food52」でAmanda Hesserが紹介。それにしても、夏の定番「スイカ」と「カレー」ががっちゃんことは……日本人からしてみれば斬新すぎません!?

辛くて甘くてスパイシー
こんなサラダ、あったんだ

©James Ransom

はじめてスパイスが効いたスイカとトマトのサラダを食べたのは、『Kitchensurfing(キッチンサーフィン)』のディナーでのこと。

キッチンサーフィンは、最高のシェフが腕を振るうプライベートなシェフのためのイベントでして、専属シェフのひとりSurbhi Sahniが、つくってくれたインド料理のコースの一品目が、このとびきり爽快なサラダだったんです。

ベーカリーBittersweet NYCを経営する傍ら、ときおりキッチンサーフィンに顔を出していたSurbhiは、インド北部ラージャスターンで、はじめてこのサラダを口にしたといいます。

曰く、かの地の伝統料理であるスイカ(のみの)サラダは、ロティ、もしくはヨーグルトやレンティル、野菜、それからごはんなどと合わせて食べるのだそう。さらに、スイカは柑橘系の果物と塩で味付けされ、辛いカレーソースで調理されているようです。

それがブルックリン版となると、Surbhiはここにトマトを追加し、カレーソースは別でつくります。ソースにはクミン、フェンネル、チリパウダー、スイカの果汁、そして柑橘系の果物を入れ、最後にフルーツと混ぜ合わせる。

みんなで料理を持寄るパーティーで、このサラダを持参すれば、誰も嫌な顔はしないはず。私だったらゼッタイ自慢しちゃいますけどね。スイカのサラダにスパイスを使う許可もおりたところで、試しにカレーリーフやカラシの種子も使ってみようかな、なんて思っているところです。

材料:6人分

スイカ:1450g(2cm大に角切り)
トマト:2個(へたを取って、2センチ大に角切り)
砂糖:小さじ1
塩:適量
スライスしたミント:60gほど
ライム果汁:約100cc
クミンシード:小さじ1
フェンネルシード:小さじ1/2
ターメリック:小さじに少々
チリパウダー:小さじに少々
しょうが:適量(みじん切り)
レモン果汁:レモン1個分

作り方

【1】スイカを2カップ分(約500g)ブレンダーにかけて、ピューレ状にする。残りのスイカはトマトと合わせて大きなボウルに入れ、砂糖、ひとつまみの塩、ミント、ライム果汁と和える。

【2】大きなフライパンを用意し、底を薄く覆うように油を注ぐ。中火にかけて、フライパンを温めたら、クミン、フェンネル、しょうがを入れて、30秒ほど香りを立たせる。

そこにターメリックとチリパウダー、先ほどのスイカピューレ(120g)、レモン果汁を順に入れていく。グツグツしてくるまで温め、塩・砂糖をお好みに合わせて付け足し、1分ほど火にかける。

【3】最後にスイカとトマトの上からソースをかけて、たたみ込むように混ぜていく。お皿に取り分けたら完成です。

Written byAmanda Hesser
Licensed material used with permission by Food52
Top image: © James Ransom
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
スイカを使った前菜。サラダじゃないんです。もうスイカそのものが主役なんです。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。