ラッシーよ、甘いだけじゃなかったのか。

まず意外だったのは、インド料理屋さんで登場するヨーグルトドリンク「ラッシー」がこんなに簡単に家でもつくれちゃうという事実。

ヨーグルトを氷水と割るだけっていう、基本のレシピに、あとはフルーツやスパイスを混ぜる。うん、これならできそう。

でもっと意外だったことが、「塩っぱいラッシー」の存在。

うそ、ラッシーって甘いものだと思ってた!という人多いと思います(ゼッタイ)。そこでA Brown Tableが「Food52」でレシピを記した、ソルティーバージョンをご紹介!これで猛暑も乗り切れそう。

© Nik Sharma

信じられないくらい暑い夏のインドでクールダウンする最適な手法は、ヨーグルトベースのラッシーを飲むことです。たいていのインド料理屋さんには、マンゴーラッシーの用意があるでしょう。でも、今回私が紹介するのは、お腹に溜まるタイプ甘いタイプ

いずれもレストランではあまり見かけないものだけど、小さい頃から愛飲しているアレンジです。作り方も簡単だし、揃えるものもそこまでないのでご安心。

さて、ラッシーの基本はとってもシンプル。
まず、ちょっと臭みのある、味付けされていない良質のヨーグルトに、お好きなスパイスとフルーツとブレンドします。牛乳を付け足すレシピもたまに見かけるけれど、「ヨーグルトに氷水を入れる」というトラディショナルなスタイルが私のフェイバリット。

牛乳を足してしまうと、ラッシーというよりヨーグルトベースのスムージーという、どうにもヘンテコな仕上がりになってしまうから。ちなみにヨーグルトは水で割るので、ギリシャヨーグルトを使う必要はありません。

レシピに記した水の量を使えば、クリーミーでありながらも軽い質感に仕上がります。なのであまり重たくなく、すっきりさわやか。とか言いつつも、お水の量はお好みに合わせて調整しましょう。

© Nik Sharma

ところで、「お腹に溜まるラッシー」とは、フレッシュミントと薄くスライスされた唐辛子が入った塩気のあるラッシーです。辛い食事にも合いますし、コースに出てくる料理と料理の間のお口直しにもおすすめ。

定番の「甘いラッシー」もひとひねり、塩気のあるラッシーに砂糖とローズウォーターを足して、食用のバラを散らしたバージョンです。はちみつはローズウォーターと相性が合わないので使いませんが、白砂糖やブラウンシュガーはフローラルな香りとのマッチングもぴったり!

季節に合わせて、ローズウォーターを別の材料と置き換えてみるのもGOOD。たとえば夏なら、ミントとピーチラッシーがいい感じ。秋にはパンプキンラッシーなんて最高ですよ。

© Nik Sharma

材料:2人分

<塩っぱいラッシー>

ヨーグルト:1と1/2カップ

氷水:1/2カップ

細かい海塩:小さじ1/2杯分

挽いたホワイトペッパー:小さじ1/4杯分

クミンパウダー:小さじ1/4杯分

氷:適量(任意)

薄く輪切りにした鷹の爪:小さじ1/2杯分

千切りしたフレッシュミントの葉っぱ(大):4枚

 

<フローラルラッシー>

プレーンヨーグルト:1と1/2カップ

氷水:1/2カップ

白砂糖またはブラウンシュガー:大さじ3杯分

ローズウォーター:小さじ1/4杯分(濃いめにしたければ、1/2杯分)

氷:適量

乾燥した食用のバラ:小さじ1杯分

作り方

<ソルティラッシー>

【1】ヨーグルト、氷水、塩、ホワイトペッパー、クミンパウダーをブレンダーに入れ、なめらかクリーミーになるまで攪拌する。味見をし、塩分が足りないようならばお好みで追加。

【2】ロックアイスを入れたタンブラーを2つ用意し、ラッシーを注ぐ。鷹の爪とミントの葉を添えたら完成。

 

<フローラルラッシー>

【1】ヨーグルト、氷水、砂糖、ローズウォーターをブレンダーに入れ、なめらかクリーミーになるまで攪拌する。味見をし、甘さが足りないようならばお好みで追加。

【2】よく冷えたグラスを2つ用意し、ロックアイスを投入。ラッシーを注いで、最後に食用バラ(花びら)を飾れば完成。

Written byA Brown Table
Top photo: © Nik Sharma
Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
カレーとの相性のよさを追求した英国発プレミアムビール「コブラ」が日本上陸。炭酸を和らげ、スパイスな繊細な味わいを感じられるよう苦味を抑えた爽やかな風味が特徴。
ミント味のシロップを水や炭酸水で薄めた、フランスの夏の定番ドリンクです。
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
この時期サイコーにおいしいのが「レモネード」。NYで話題の飲み方や、インド流のスパイシーなアレンジでいただくものから、宮崎県日南市の超レアなレモンを使った...
タバスコ®ブランドから7年ぶりの新作。シリーズ一辛い「スコーピオンソース」
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
NEXT輸入食品店として注目の「iHerb(アイハーブ)」から、ちょっと変わり種の「ホットドリンク」をご紹介します。寒い冬はお気に入り「ホットドリンク」で...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。