ラッシーよ、甘いだけじゃなかったのか。

まず意外だったのは、インド料理屋さんで登場するヨーグルトドリンク「ラッシー」がこんなに簡単に家でもつくれちゃうという事実。

ヨーグルトを氷水と割るだけっていう、基本のレシピに、あとはフルーツやスパイスを混ぜる。うん、これならできそう。

でもっと意外だったことが、「塩っぱいラッシー」の存在。

うそ、ラッシーって甘いものだと思ってた!という人多いと思います(ゼッタイ)。そこでA Brown Tableが「Food52」でレシピを記した、ソルティーバージョンをご紹介!これで猛暑も乗り切れそう。

4547543618813952
© Nik Sharma

信じられないくらい暑い夏のインドでクールダウンする最適な手法は、ヨーグルトベースのラッシーを飲むことです。たいていのインド料理屋さんには、マンゴーラッシーの用意があるでしょう。でも、今回私が紹介するのは、お腹に溜まるタイプ甘いタイプ

いずれもレストランではあまり見かけないものだけど、小さい頃から愛飲しているアレンジです。作り方も簡単だし、揃えるものもそこまでないのでご安心。

さて、ラッシーの基本はとってもシンプル。
まず、ちょっと臭みのある、味付けされていない良質のヨーグルトに、お好きなスパイスとフルーツとブレンドします。牛乳を付け足すレシピもたまに見かけるけれど、「ヨーグルトに氷水を入れる」というトラディショナルなスタイルが私のフェイバリット。

牛乳を足してしまうと、ラッシーというよりヨーグルトベースのスムージーという、どうにもヘンテコな仕上がりになってしまうから。ちなみにヨーグルトは水で割るので、ギリシャヨーグルトを使う必要はありません。

レシピに記した水の量を使えば、クリーミーでありながらも軽い質感に仕上がります。なのであまり重たくなく、すっきりさわやか。とか言いつつも、お水の量はお好みに合わせて調整しましょう。

5797856111755264
© Nik Sharma

ところで、「お腹に溜まるラッシー」とは、フレッシュミントと薄くスライスされた唐辛子が入った塩気のあるラッシーです。辛い食事にも合いますし、コースに出てくる料理と料理の間のお口直しにもおすすめ。

定番の「甘いラッシー」もひとひねり、塩気のあるラッシーに砂糖とローズウォーターを足して、食用のバラを散らしたバージョンです。はちみつはローズウォーターと相性が合わないので使いませんが、白砂糖やブラウンシュガーはフローラルな香りとのマッチングもぴったり!

季節に合わせて、ローズウォーターを別の材料と置き換えてみるのもGOOD。たとえば夏なら、ミントとピーチラッシーがいい感じ。秋にはパンプキンラッシーなんて最高ですよ。

5481371246002176
© Nik Sharma

材料:2人分

<塩っぱいラッシー>

ヨーグルト:1と1/2カップ

氷水:1/2カップ

細かい海塩:小さじ1/2杯分

挽いたホワイトペッパー:小さじ1/4杯分

クミンパウダー:小さじ1/4杯分

氷:適量(任意)

薄く輪切りにした鷹の爪:小さじ1/2杯分

千切りしたフレッシュミントの葉っぱ(大):4枚

 

<フローラルラッシー>

プレーンヨーグルト:1と1/2カップ

氷水:1/2カップ

白砂糖またはブラウンシュガー:大さじ3杯分

ローズウォーター:小さじ1/4杯分(濃いめにしたければ、1/2杯分)

氷:適量

乾燥した食用のバラ:小さじ1杯分

作り方

<ソルティラッシー>

【1】ヨーグルト、氷水、塩、ホワイトペッパー、クミンパウダーをブレンダーに入れ、なめらかクリーミーになるまで攪拌する。味見をし、塩分が足りないようならばお好みで追加。

【2】ロックアイスを入れたタンブラーを2つ用意し、ラッシーを注ぐ。鷹の爪とミントの葉を添えたら完成。

 

<フローラルラッシー>

【1】ヨーグルト、氷水、砂糖、ローズウォーターをブレンダーに入れ、なめらかクリーミーになるまで攪拌する。味見をし、甘さが足りないようならばお好みで追加。

【2】よく冷えたグラスを2つ用意し、ロックアイスを投入。ラッシーを注いで、最後に食用バラ(花びら)を飾れば完成。

Written byA Brown Table
Top photo: © Nik Sharma
Licensed material used with permission by Food52
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
玉子料理はなんて美味しいのでしょう。玉子は、アレンジを加えて食卓の主役になったり、手の込んだ料理で名脇役を果たしたり。もちろん、そのままでも美味しくいただ...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
ミルクをコーンスターチで固めた、エジプトを代表するデザート「マハラビア(メハラビア)」。現地で食べる味は濃厚でクリーミー、かつ大脳皮質を揺さぶるような強烈...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...
残暑がまだまだ続きます。熱中症対策、万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがあります。ヨーグルトに水と塩を混...