コーヒー派のあなたにオススメしたい「チャイの魅力」。

前に、インドのお土産でチャイブレンドの紅茶をもらったことがある。そのスパイスのブレンドが絶妙で、「今日はコーヒーの気分じゃないな」って日は、お土産の味を思い出しながらチャイを淹れる。

コーヒーと違って、専用道具も必要なし。ミルクパンと茶こしだけ、お手元にご用意を。

地域や家庭によって、
チャイの味が変わるらしい。

4649524698021888

インドでは、地域や家庭によってチャイの味が変わるそう。

だからレシピをそのまま再現するのではなく、スパイスの種類や分量を変えて、自分好みの味を探すのがおもしろい。足りないスパイスは、なくてもオーライ。分量も、お好みで調節してみて。

<材料:2人分>

・水:200cc
・牛乳:200cc
・紅茶の茶葉:大さじ2
・生姜(パウダー or 生の生姜をスライス):適量
・カルダモン:適量
・シナモン:適量
・クローブ:適量
・ブラックペッパー:適量
・ローズペタル:2枚
・砂糖:適量

 

<作り方>

1)鍋に水、茶葉、ローズペタルを入れて沸騰させる。

2)沸騰したら、牛乳とスパイスをすべて加え、5分くらい煮出す(水と牛乳は1:2くらい)。

3)火をとめて砂糖を入れて、茶こしで漉せば出来上がり。

ちなみに、YouTubeで「chai tea india」と検索してみると、本場の淹れ方が見れてちょっと気分がアガる。

65966812734423045775424604864512
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
「ゴールデンラテ」、「ゴールデンミルク」とも呼ばれているコチラの飲み物。カラダにもよく、美味しいと評判なのです!シナモンで描いたラテアートもかわいい♡ で...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
毎朝、急須で緑茶を淹れるのが日課です。起き抜けのコーヒーはちょっと刺激が強い気がするけど、緑茶はすするだけでほっとして、体に染み渡っていく感じがするから好...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
ウコンは、「お酒のお供」なだけじゃない。美への近道切符だ。