コーヒー派のあなたにオススメしたい「チャイの魅力」。

前に、インドのお土産でチャイブレンドの紅茶をもらったことがある。そのスパイスのブレンドが絶妙で、「今日はコーヒーの気分じゃないな」って日は、お土産の味を思い出しながらチャイを淹れる。

コーヒーと違って、専用道具も必要なし。ミルクパンと茶こしだけ、お手元にご用意を。

地域や家庭によって、
チャイの味が変わるらしい。

インドでは、地域や家庭によってチャイの味が変わるそう。

だからレシピをそのまま再現するのではなく、スパイスの種類や分量を変えて、自分好みの味を探すのがおもしろい。足りないスパイスは、なくてもオーライ。分量も、お好みで調節してみて。

<材料:2人分>

・水:200cc
・牛乳:200cc
・紅茶の茶葉:大さじ2
・生姜(パウダー or 生の生姜をスライス):適量
・カルダモン:適量
・シナモン:適量
・クローブ:適量
・ブラックペッパー:適量
・ローズペタル:2枚
・砂糖:適量

 

<作り方>

1)鍋に水、茶葉、ローズペタルを入れて沸騰させる。

2)沸騰したら、牛乳とスパイスをすべて加え、5分くらい煮出す(水と牛乳は1:2くらい)。

3)火をとめて砂糖を入れて、茶こしで漉せば出来上がり。

ちなみに、YouTubeで「chai tea india」と検索してみると、本場の淹れ方が見れてちょっと気分がアガる。

「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。