コンビニコーヒーは毎日飲んでるけど、自宅で「焙煎したて」は未体験!

コンビニで挽きたてのコーヒーが気軽に飲める時代。毎日買って飲んでますって人がたくさんいる一方で、自宅で豆を挽くほど強いこだわりを持つ人も多いですよね。

コンビニのようにライトに、かつ自分で淹れる至極の1杯が飲みたい!なんていう欲張りさんにオススメのコーヒーメーカーがありました。ベルリン発の「Bonaverde Coffee」です。

驚くなかれ、「挽きたて」ならぬ「焙煎したて」が飲める生豆専用のコーヒーメーカーなのです!

煎って、挽いて、ドリップ!

使い方をざっくり説明すると、生豆をマシーン上部に入れ、水とフィルターをセットして、スマホで作動させるだけ。タイマー設定もできるので、朝起きる時間に合わせておけば、焙煎したてのコーヒーの香りを感じながら目覚めることもできます。

SNSで生産者から
「生豆」を直接購入

ただ気になるのは、「生豆ってどこで手に入るの?」ってこと。

実は、ウェブ上のプラットフォームで生産者から直接購入することができるのです。豆は生産者が加工やパッキング、発送もしています。生産者の顔が見えるって安心だし、嬉しいですよね。

最新機能を搭載したコーヒーメーカーはさまざまあるけれど、生産者とコミュニティを形成するBonaverdeの考え方に、一歩進んだ現代コーヒー文化を感じます。

Licensed material used with permission by Bonaverde Coffee AG
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
株式会社Same Skyは、全国各地のロースターが焙煎したコーヒー豆を定期的に届けるサブスクリプションサービス「CAFE PASS・BOX」を9月上旬から...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
スポーツ用品販売大手の「アルペン」は、日本各地の山々が持つ個性を表現したアウトドアコーヒー「このやまコーヒー」に取り組んでいる。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
8月1日、日本を代表する京都発のロースター「小川珈琲」の旗艦店「OGAWA COFFEE LABORATORY」が東京・桜新町にオープン。
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
見ての通り、ドリンクディスペンサー型になっているところがイイ! カウンターやテーブル横にセットしておけば、ドリンクバーよろしく、いつでもアイスコーヒーが楽...
ミックスジュース発祥の店として親しまれている「千成屋珈琲」が、8月10日、「ラゾーナ川崎プラザ」に関東初出店。夏季限定の「ミックスジュースフラッペ」や、ラ...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
奄美群島・徳之島の国産コーヒーシーンを特集。第三弾は、島で唯一吉玉農園の国産コーヒーが飲める、犬田布岬の喫茶店「自家焙煎珈琲スマイル」へ。徳之島で作られる...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。