コンビニコーヒーは毎日飲んでるけど、自宅で「焙煎したて」は未体験!

コンビニで挽きたてのコーヒーが気軽に飲める時代。毎日買って飲んでますって人がたくさんいる一方で、自宅で豆を挽くほど強いこだわりを持つ人も多いですよね。

コンビニのようにライトに、かつ自分で淹れる至極の1杯が飲みたい!なんていう欲張りさんにオススメのコーヒーメーカーがありました。ベルリン発の「Bonaverde Coffee」です。

驚くなかれ、「挽きたて」ならぬ「焙煎したて」が飲める生豆専用のコーヒーメーカーなのです!

煎って、挽いて、ドリップ!

使い方をざっくり説明すると、生豆をマシーン上部に入れ、水とフィルターをセットして、スマホで作動させるだけ。タイマー設定もできるので、朝起きる時間に合わせておけば、焙煎したてのコーヒーの香りを感じながら目覚めることもできます。

SNSで生産者から
「生豆」を直接購入

ただ気になるのは、「生豆ってどこで手に入るの?」ってこと。

実は、ウェブ上のプラットフォームで生産者から直接購入することができるのです。豆は生産者が加工やパッキング、発送もしています。生産者の顔が見えるって安心だし、嬉しいですよね。

最新機能を搭載したコーヒーメーカーはさまざまあるけれど、生産者とコミュニティを形成するBonaverdeの考え方に、一歩進んだ現代コーヒー文化を感じます。

Licensed material used with permission by Bonaverde Coffee AG
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
スポーツ用品販売大手の「アルペン」は、日本各地の山々が持つ個性を表現したアウトドアコーヒー「このやまコーヒー」に取り組んでいる。
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...