「アルペン×17歳の焙煎士」が共同開発する「このやまコーヒー」

スポーツ用品販売大手の「アルペン」は、日本各地の山々が持つ個性を表現したアウトドアコーヒー「このやまコーヒー」の販売を始めている。

「このやまコーヒー」では、17歳のコーヒー焙煎士「岩野響さん」とコラボ。高校進学が“普通”とされる15歳のときに、焙煎士の道へと進むことを選んだ岩野さんならではの「個性」を活かしたオリジナルコーヒーを共同で開発する。

今回は、富士山を表現したオリジナルブレンドコーヒー「Mt.FUJI BREND COFFEE」(税抜2000円/13g×6パック)を開発。これは、岩野さんが実際に富士登山を実施してインスピレーションを得た、なつかしさ、力強さ、やさしさをキーワードに、コロンビアとエチオピアの豆をブレンドした深煎りのドリップ式コーヒーだ。

そんな「Mt.FUJI BREND COFFEE」は、アルペンのオンラインストアや日本全国の「Alpen Outdoors」、「Alpen Mountains」、または12月中旬に東京・表参道にオープンしたコーヒーショップ「HORIZON LABO OMOTESANDO」にて購入可能。

自身のコーヒーショップ(群馬・桐生市)には日本全国からファンが殺到するほど高い人気を誇る岩野さん。そんな彼が生み出すコーヒーを自宅でも手軽に飲めるというのだから、ものは試しに手に取ってみてはいかがだろうか。

岩野さんが富士登山でリアルに感じたことを収録したオリジナルムービーも必見だ。

©2019 アルペン チャンネル/YouTube

このやまコーヒー
*特設サイトはこちら

Top image: © 2020 株式会社アルペン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」より、家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのための「回転式ロ...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
株式会社Same Skyは、全国各地のロースターが焙煎したコーヒー豆を定期的に届けるサブスクリプションサービス「CAFE PASS・BOX」を9月上旬から...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
ガラス張りの巨大な焙煎所がある学芸大学のコーヒーラボ&カフェ神乃珈琲〒152-0001 東京都目黒区中央町1丁目4-15https://www.kanno...
コーヒー生豆会社 × 伝統ある常滑焼窯元がこだわったコラボ商品「エコセロ」。カカオ豆焙煎が10分ほどでできて、自分好みの味と香りのチョコレートができる。豆...
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
焙煎、ドリップ、空間にまでこだわった表参道の裏道に突如現れるコーヒースタンドCHOP COFFEE OMOTESANDO〒150-0001 東京都渋谷区神...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
フレグランスカプセルが入ったマスク用のノーズパッド「Petitnina nosepad」(プチニーナ ノーズパッド)」が、2月6日(土)までクラウドファン...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。