パナソニックとJR東日本が共同開発した「モバイルバイク」。

約20年前に発売された折りたたみ自転車「トレンクル」です。

両親がサイクリング用に購入したようですが、ほとんど乗らずに実家の倉庫に眠っていたものを譲り受けました。

調べてみると、〈パナソニック〉と〈JR東日本〉が共同開発したチタン製モデルで、約7kgと超軽量。折りたたむと駅の中型コインロッカーに入るサイズになります。付属の輪行バッグに入れれば、持ち歩きも問題なし。ちょっと大きめの荷物、ぐらいの感じです。

しっかり設計されているためか、14インチと超小径車ながらも、驚くほど直進安定性が良くて、漕ぎ味も軽い。

そして、簡単に折りたためて、1分もあれば輪行バッグに収まってしまいます。

普段仕事の時は、自宅の板橋から自転車で渋谷や六本木くらいまで行って、さらに遠いところには折りたたんで電車に乗るパターンが多いですね。

また、休日は逆に、電車で目的地付近まで行って、その周辺を自転車でのんびりまわる、ということもあります。

私にとってこの自転車は、まさにモバイルバイクですね。

そして、個人的なお気に入りのポイントは、チタンの質感です。最大限、このマテリアルを楽しむために、ステッカーは全部はがして、たまにピカール(研磨剤)でピカピカに磨いています。

じつはこの〈トレンクル〉、現在も〈パナソニック〉から発売されていますが、発売当時に比べてチタンが高騰したためか、275,000円と驚きの金額に!

保管しておいてくれた両親に感謝ですね(笑)。

清水洋之/スタジオ四葉
実は親から譲り受けたトレンクルは2台。週末は息子とWトレンクルでサイクリングを楽しむ。最近お気に入りのスポットは、伊豆大島や新島、式根島など東京の島々。「東京から近いのに個性的な島旅が楽しめます。何よりトレンクルだと輪行がラクチン!」。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
JR東日本が発表した「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」は、写真家や映画監督などの肩書で幅広い活躍を見せる蜷川実花がデザインした新幹線。移動...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
キックスターターにて、earth technologiesから開発中の「Pluto by earth」のモバイルバッテリーがとてもスタイリッシュでコンパク...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...