「コンパクトに畳めるアイテムって、実際には畳みにくい」を解決したモバイルレジャーシート。

〈Matador(マタドール)〉の「POCKET BLANKET」です。

写真だけみると、なんのことはない撥水加工をされたレジャーシートですが、畳むと手の平に収まるサイズに。

公式HPよると11cm×8cm。タバコの箱よりちょっと大きいぐらい。重さも100gちょいしかないので、ずっとバッグに入れっぱなしにしておけます。

それだけでも十分にそそられるんですが、「POCKET BLANKET」の勝因は“畳みやすさ”にあります。シートには赤い縫い目が付いていて、その縫い目にそって折っていくと前述のサイズに。誰でも簡単にできます。

ブラック&レッドというカラーリングも、スタイリッシュでなかなかいい感じ。広げた時の大きさは160cm×112cmと、大人2人が寝っ転がれるサイズ。ブランケットとしても使えます。

価格は税抜きで3,700円。

秋のアウトドアシーズンに。

「マタドール レジャーシート」で検索してみてください。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
〈MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)〉の「アウトドア ストライプシート」は、上品なストライプ柄。見た目とは裏腹にガシガシ使えます。
「レジャーシート×バッグ」は、絞って、畳んで、包むだけの3ステップでバッグに早変わりする多機能なレジャーシート。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
「GU」から、アロエ成分を配合したルームウェア「アロエラウンジシリーズ」が、8月24日より、GUの一部店舗及びオンラインストアで販売を開始。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「PICNIC SHEET」。旅のお供に最適なコンパクトサイズのクッションシートだ。
飛沫防止フィルターが装着可能な「フェイスガード」が新登場。本体は冷感素材を使用しており夏場のアウトドアやレジャーでも快適に過ごせる仕様。withコロナ時代...
家の中でのウイルス対策にピッタリ!オシャレな抗菌・抗ウイルスシート「Free-sheet(フリーシート)」をご紹介。
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
英国を拠点として活動する写真家Drew Gardner氏は、自身のプロジェクト「The Descendants」を通して歴史上の偉人にそっくりな子孫たちの...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
「Portl」は、ボートを貸したい人、借りたい人、操縦したい人の間でおこなうボートシェアリングのサービス。相場よりも安価かつ免許がなくても利用できることで...
アウトドア気分を損なわず、かつコンパクトでスタイルも抜群。「公園でのんびり過ごす」の決定版。簡単に設営できる「コンパクトミニタープ」。
「車に取り付ける」という、従来のチャイルドシートの概念が吹っ飛んでしまう、革新的なデザインが登場しました。まさかここまで小さくなってしまうとは…。これぞ、...
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
米イリノイ州スプリングフィールドの教育委員会は、リモート授業であってもパジャマで授業を受けることを禁止し、登校時と同じ格好をするよう学生に求めている。
「IKEA(イケア)」がバンコク発のファッションブランド「Greyhound Original」とコラボし、限定コレクション「SAMMANKOPPLA/サ...
カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
ベランピングなど屋外を感じながら楽しむプライベートアクティビティでの使用を見込んだ「EQUALS」のこたつ。
静岡の〈JETMINMIN〉による「DART! MINI」というバッグです。よくみるとわかりますが、メインの素材として使っているのはブルーシート。頑丈で水...
ぽかぽか陽気で日だまりでお昼寝するのが気持ちいい季節になりました。芝生にコロンと寝っ転がりたくなりますよね。もし、そんな時に、コンパクトに畳めてラクラク持...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...