みんなが「それどこの?」と聞いてくる、レジャーシート。

ピクニックやキャンプシーンにおいて、レジャーシートのチョイスは超重要だと思ってます。

どれだけお気に入りのウェアを身に着けていようと、どんなに洒落たグラスやカトラリーを持っていようと、地面に敷いているのがブルーシートでは台無しです。そもそもアウトドアの開放感に浸ろうという場で、工業的な青いビニールはどう考えても合いません(便利は便利ですけどね)。

まあブルーシートはナシとして、これまでいろいろなシートを使ってきましたが、1枚選ぶとすれば〈MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)〉の「アウトドア ストライプシート」です。

探してみるとなかなかない上品なストライプ柄。生地はガッシリとした帆布で、見た目とは裏腹にガシガシ使えます。

これを地面に広げてサンドイッチを頬張るだけで、近所の公園での日向ぼっこがグッとリッチな気分に。お出かけ用のトートバッグから丸めたコイツが顔を出しているだけで、様になります。

実際、友だちと出かけると必ずといっていいほど「それどこのやつ?」と聞かれます。キャンプ場なんかでもアウトドアブランドのものを使っている人が圧倒的多数で、〈MARKS&WEB〉のこいつは盲点のよう。まず、かぶることはありません。

同じ柄でブラウンも発売されていますが、僕は断然ネイビー推し。この夏も活躍してくれそうです。

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
〈Matador(マタドール)〉の「POCKET BLANKET」です。写真だけみると、なんのことはない撥水加工をされたレジャーシートですが、畳むと手の平...
「レジャーシート×バッグ」は、絞って、畳んで、包むだけの3ステップでバッグに早変わりする多機能なレジャーシート。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
飛沫防止フィルターが装着可能な「フェイスガード」が新登場。本体は冷感素材を使用しており夏場のアウトドアやレジャーでも快適に過ごせる仕様。withコロナ時代...
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
家の中でのウイルス対策にピッタリ!オシャレな抗菌・抗ウイルスシート「Free-sheet(フリーシート)」をご紹介。
「Portl」は、ボートを貸したい人、借りたい人、操縦したい人の間でおこなうボートシェアリングのサービス。相場よりも安価かつ免許がなくても利用できることで...
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
「LOGOS」より登場の「ソーラーブロック トップシート」は、テントに被せるだけで強烈な日差しを遮り、日向と日陰で15℃の気温差を生み出す。UVカット99...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「PICNIC SHEET」。旅のお供に最適なコンパクトサイズのクッションシートだ。
「車に取り付ける」という、従来のチャイルドシートの概念が吹っ飛んでしまう、革新的なデザインが登場しました。まさかここまで小さくなってしまうとは…。これぞ、...
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
お気に入りの「マイアイテム」をアップデートしてみませんか?ストロー・綿棒・醤油など、みんなとは被らない自分だけの「マイアイテム」を探してみよう!
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...