みんなが「それどこの?」と聞いてくる、レジャーシート。

ピクニックやキャンプシーンにおいて、レジャーシートのチョイスは超重要だと思ってます。

どれだけお気に入りのウェアを身に着けていようと、どんなに洒落たグラスやカトラリーを持っていようと、地面に敷いているのがブルーシートでは台無しです。そもそもアウトドアの開放感に浸ろうという場で、工業的な青いビニールはどう考えても合いません(便利は便利ですけどね)。

まあブルーシートはナシとして、これまでいろいろなシートを使ってきましたが、1枚選ぶとすれば〈MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)〉の「アウトドア ストライプシート」です。

探してみるとなかなかない上品なストライプ柄。生地はガッシリとした帆布で、見た目とは裏腹にガシガシ使えます。

これを地面に広げてサンドイッチを頬張るだけで、近所の公園での日向ぼっこがグッとリッチな気分に。お出かけ用のトートバッグから丸めたコイツが顔を出しているだけで、様になります。

実際、友だちと出かけると必ずといっていいほど「それどこのやつ?」と聞かれます。キャンプ場なんかでもアウトドアブランドのものを使っている人が圧倒的多数で、〈MARKS&WEB〉のこいつは盲点のよう。まず、かぶることはありません。

同じ柄でブラウンも発売されていますが、僕は断然ネイビー推し。この夏も活躍してくれそうです。

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
〈Matador(マタドール)〉の「POCKET BLANKET」です。写真だけみると、なんのことはない撥水加工をされたレジャーシートですが、畳むと手の平...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...