従来のサイズの1/10!世界最小の「チャイルドシート」がすごい

「車に取り付ける」という、従来のチャイルドシートの概念が吹っ飛んでしまう、革新的なデザインが登場しました。まさかここまで小さくなってしまうとは…。これぞ、チャイルドシートの最終型、コンセプトは「持ち運び自在」です。

 これは画期的!
持ち運び自在の
ポータブル・チャイルドシート

子供の成長に合わせて買い替えたり、付属のパーツを外して使用する必要があったチャイルドシート。このチャイルドシートが窮屈になってくると、次に使用するのがジュニアシートです。この軽くて持ち運び自在なジュニアシート「mifold」は、パカッと開けば座面が登場。なんだか心もとない気もしますが、耐久力抜群のプラスチックポリマーに航空機にも使用されるアルミ素材が用いられているんだそう。

スクリーンショット 2015-10-05 11.47.21

従来のジュニアシートは、子供の座面を高くすることで、大人用に設計された車の三点シートベルトがみぞおちを圧迫したり、首に引っかかる危険性を回避した設計。ところが、この画期的な「mifold」は、シートではなくベルト自体を子供の体格に合わせて下げることで、安全性を保つことを目的としています。ゆえに、このコンパクトな形状が可能という訳。

10倍コンパクトでも
安全面はバッチリ

11270460_439258522901295_9005011831844199333_o

パパママが最も気になるのは安全性。開発者のJon Sumroy氏によれば、世界の主要各国で安全性能テストを実施した結果、「法令で定められている最も高いレベルの安全基準をクリア」したと、安全面は超がつくほどのお墨付きだとか。

自動車大国アメリカでは、一般的に日本よりも厳しい安全基準が設けられていて、チャイルドシートに子供を座らせないことは、「児童虐待にあたる」という見方もあるようです。例えば、タクシーを利用するにも、友人宅の車に乗る際も、カバンに入れて持ち歩けるシートがあれば、確かに安全この上なしですね。

ちなみに「対象年齢は4歳から」となっています。

“車から降ろす”という
概念がなくなる

11357019_439259072901240_4366773937093683773_o

子供の代わりに大人が乗るときなど、着脱だけでなくチャイルドシートって案外、置いておくにも場所を取るものですよね。その点「mifold」なら、ダッシュボードだろうが、シートのポケットだろうが(ズボンのポケットだってご覧の通り)、使わないときはどこでも収納できちゃうサイズ感。カーシェアリングを利用するときなど便利そうですね。

すでに、クラウドファウンディング「Indiegogo」では、目標額をはるかに上回る(1,664%!)潤沢な資金調達を達成し、予約も殺到中。これは、日本でも間違いなく流行りそう!

Licensed material used with permission by mifold

子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
〈MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)〉の「アウトドア ストライプシート」は、上品なストライプ柄。見た目とは裏腹にガシガシ使えます。
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
〈Matador(マタドール)〉の「POCKET BLANKET」です。写真だけみると、なんのことはない撥水加工をされたレジャーシートですが、畳むと手の平...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
自転車を構成するたくさんのパーツの中の1つにもかかわらず、クラウドファンディングサイトで2,000人以上が開発支援をしたシートポスト「ShockStop ...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
静岡の〈JETMINMIN〉による「DART! MINI」というバッグです。よくみるとわかりますが、メインの素材として使っているのはブルーシート。頑丈で水...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
「グラフェン」という素材を知っていますか? これは、炭素原子を六角形に並べてできた、原子ひとつ分という極めて薄いシート状の構造のこと。非常に強度が高いこと...
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...