肌に貼り付けるだけ!「シート型の体温計」を東大が開発

東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうのも実現可能になるかもしれない。しかもこれ、いくら曲げても大丈夫だって言うから期待大!

直接肌に貼り付ける
極薄シートの体温計

スクリーンショット 2015-11-17 18.54.02

これは、米・テキサス大学ダラス校との共同研究で進められらたプロジェクト。シリコンに代表される従来の無機材料に変わり、より柔らかく、さらに生体との適合が期待できる有機材料に着目し、まったく新しいウェアラブルデバイスの開発を目指してきました。

チームを率いた東京大学の染谷隆夫教授によると、印刷のように簡単なプロセスを利用して電子回路やセンサーなどを製造する技術は、従来になかったもの。この技術を応用することで、材料コストばかりか資源も最小限に抑えられることから、生産性に優れる“次世代の製造手法”としても、技術者たちを驚かせたようです。

ヘルス、医療分野から
ウィンタースポーツウエアまで
汎用性◎な極薄センサー

スクリーンショット 2015-11-17 17.28.21

Photo_2_High

非常に薄いフィルム基板上に作った温度センサーは、まるでシールのようにペラペラ。曲げても全然大丈夫なフレキシブルさが魅力的です。球面や筒状のモノにも上の写真のように貼り付けられちゃいます。ちなみに25度から50度まで体温計測が可能です。

ところで、この温度センサーをどう商用化していくのか?たとえば、絆創膏のように直接肌に貼りつけて赤ちゃんの体温をモニターしたり、術後の患部の炎症による発熱を観察するなど、ヘルスケア、医療、福祉分野など、多方面での応用が期待できると染谷教授は語っています。

このほか、体温分布計測の特性を活かし、ウィンタースポーツのウエア開発などにも役立てられるはず。汎用性の高さが自慢でもあるため、今後どう生かされていくかには注目です。

Licensed material used with permission by 東京大学 染谷研究所

2015年4月30日にオンラインで販売を開始してから、数ヶ月間にわたって品切れ状態が続いていたウェアラブルデバイスがある。株式会社ログバーが開発した「RI...
「REON POCKET」は、ソニーが開発したインナーウェア装着型の冷温ウェアラブルデバイス。専用インナーの首元の背面に装着することで、夏は涼しく冬は暖か...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだ...
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
春は出会いの季節。新しい恋のチャンスが増えたという人もいるのでは?そんな季節にぴったりの、ちょっと変わったアイテムがあります。見た目はイソギンチャクのよう...
エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつな...
性交痛を改善するために使う「OHNUT(オーナット)」。男性器の根本に付けることでサイズを調整し、クッションのような働きをしてくれるドーナツ型のリングです。
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
書くときは青色のボールペンを使う。さらには、耳栓をしてささやきながら暗記する。嘘か真か、巷には色々な暗記術が溢れています。でもこれからは、方法だけでなく、...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
4月9日、「Airbnb」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「体験」の新カテゴリ「オンライン体験」を提供開始すると発表した。
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
駅に着いてから、「家にSuica忘れちゃった!」と気づくことがあります。そんな事態も、これさえあればなくなるはず。だって、手をかざすだけで改札が通れちゃい...
カリフォルニア大学は、血管の中を泳ぐように進み、薬剤を投与できる魚型の機体を開発した。体内に注入する医療用ナノマシーンの話題を耳にしたことがあるかもしれな...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンが、スマホをかざすと食べ物が腐っているかがわかるセンサーを開発中だと発表。これまでにも似たようなセンサーは開発さ...
「車に取り付ける」という、従来のチャイルドシートの概念が吹っ飛んでしまう、革新的なデザインが登場しました。まさかここまで小さくなってしまうとは…。これぞ、...