表情がリアル過ぎ……「大阪大学」で開発が進む「子ども型アンドロイド」

まるで生きているように見える子ども型ロボット……その姿をご覧ください。CGとかではありません。正直なところ気味が悪いほどです。

© Hisashi Ishihara /Youtube

これは、「大阪大学」の研究者グループが2011年に初披露し、開発を続けている子ども型アンドロイド・ロボット「Affetto(アフェット)」の現在の様子。

顔面の116ヵ所のポイントを使って、皮膚に似た柔らかな素材で覆った膜を動かし、多彩な表情を作ることが可能。もともとは、笑顔やしかめ面などいろいろな表情ができる人間そっくりの頭部に過ぎなかったが、今では圧力の違いを繊細に感知するセンサーである人工の「痛覚神経系」とつながり、刺激への反応を示すこともできるようになったという。

ちなみに以下は1年前の記録動画。滑らかで微細な表情の変化を見せるなど1年の間に成長(進化?)した「Affetto」。

人と同じように感じ、より深くコミュニケーションができるロボットの実現は、じつはそれほど遠い先の話ではないようだ。

© Hisashi Ishihara /YouTube
Top image: © iStock.com/sarah5, iStock.com/The7Dew
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

自律型の配達ロボットを開発した企業Starship Technologiesは、2022年を迎えるまでに米国の大学100校のキャンパスで食品配達ロボットを...
最新テクノロジーをエンターテインメント業界に持ち込み、さまざまなアニマトロニクスの製作を手がける企業「Edge Innovations」から、本物そっくり...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
「大阪メトロ」は、将来的な導入を目指し「顔認証」と「二次元バーコード」で入退場できる試作の改札機を一部の駅に設置。12月10日から2020年9月末にかけて...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...