近畿大学が開発した「うなぎ味のナマズ」めちゃくちゃ美味しいらしい

困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。

でも、同大学が「近大ナマズ」を研究中であることはあまり知られていないのではないでしょうか?詳しく紹介していきましょう。

ナマズがウナギの代用品として
研究された理由とは?

314717459

マグロと同様に日本人が大好きな魚である「うなぎ」は、養殖するための稚魚の乱獲や河川の開発で数が激減。絶滅危惧種に指定されるほどの状況となっています。

そこで、稚魚を捕獲して行う養殖ではなく、卵を産ませて稚魚を育て大きくする「完全養殖」の研究が進められているのです。しかし、うなぎを完全養殖しようと思っても、どこで産まれてどこで育つのかは、まだ完全に分かっていないため効率よく稚魚を育てられません。

その理由は、うなぎの稚魚は生まれたときにはオス、メスの区別がなく、なんらかの環境の変化が稚魚に影響を与えオス、メスが決まるから。環境変化が何も起こらないと、すべてがオスになるため、卵が生まれず完全養殖ができないのです。

そこで、近畿大学はマグロのときと同様に完全養殖を目指すのではなく、味や食感、香り、脂ののり具合などが“うなぎに近くなる魚”を探して研究を開始。さまざまな魚をかば焼きにして調べた結果、ナマズに着目したというわけ。とはいえ、臭いと脂ののり具合が大きくかけ離れていることから、この2つをうなぎのそれに近づけるべく、研究、改良に着手します。

そして、約6年をかけて、2015年にうなぎ味に近いナマズを「近大ナマズ」として開発。一般的に、日本で食料としてのナマズはネガティブな印象があるため、中途半端なものではうなぎの代用品にはなりません。

さて、「近大ナマズ」の出来はいかに?

一体、どんな味がするの?

310072547

「近大ナマズ」は近大直営の料理店や一部のウナギ専門店などで試験的に提供されました。なんと、食べた人は「ナマズと言われなければ、うなぎと思ってしまう味や食感だった」と感想を述べたのだとか。

なお、近畿大学は、かば焼きだけでなく刺身としてもおいしく食べられるよう、うなぎの良さを6割、ナマズならではの味を4割のイメージで完成させたと強調しています。つまり、うなぎの代用品ではなく、うなぎを超える可能性のある新たな食材として売り出す考え。現在は、1人前が約2,000円で提供されていますが、将来的には、500円で提供できることを目指しているのだそう。

どこで食べられる?

「近大ナマズ」は、貴重な天然資源を守り、かつ美味しい味を安価で提供できる可能性を秘めています。研究をより進めて、さらに美味しくなるようにしてもらうためには、食べて応援することが一番でしょう。

近畿大学には、直営の料理店が、東京、大阪に各1店舗あります。東京では、近畿大学 水産研究所 銀座店。大阪は、近畿大学 水産研究所 グランフロント大阪店。ここで近大ナマズが食べられます。

しかし、メニューにはいまだに記載はされていないそう。いつでも食べられるわけではないので、事前に確認が必要な状態です。

養殖技術の進歩は
さらなる発展が期待される

987658_133146203

今後、養殖技術の進歩、発展による食糧増産は、さらに重要になっていきます。また、単なる食糧増産でなく天然ものを上回る味も期待されているといっていいでしょう。

「近大ナマズ」はその期待に十分応えているのではないでしょうか。今後も、その可能性には大きな期待がかかります。

チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
にわかには信じがたい事実が、英国オックスフォード大学と豪州クイーンズランド大学の共同研究によって明らかになりました。え…、魚が人の顔を覚えているって?「E...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
人間の手首や手足の指が、魚のヒレの柔らかい骨から進化したものという証拠を米シカゴ大学の研究チームが発表した。数百万年前の哺乳類の進化の歴史が、遺伝子組換え...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
どこで生まれ育ったかは、味覚を決定するうえで重要な要素なんですね。