今日もいい日やった。「大阪の夜の景色」から、そんな世界を作るフォトグラファー

昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています。

そんな日常風景を未来に残していくことが、フォトグラファーとして生きるボクの使命だと思っているんです。歴史の教科書には、当時の様子を描いた絵や写真が載っていますよね。あと100年も経てば、きっと2017年の日本も教科書で紹介されるはずです。そのときにボクが撮った写真が何らかのカタチで貢献できたらいいなと思い、日々街の風景を撮っています。

今日は、Instagramでも公開している、ボクが大好きな「大阪の夜」を紹介します。

昼間は普通のお店に電灯が灯っただけなのに、周りの雰囲気が一変。

大阪にはいろんな国の人がいるので、飲み屋街を訪れると海外に行ったような気持ちになれます。

仕事を終えたサラリーマンの後ろ姿って、なんだか日本らしさを感じるから好きなんです。 

大阪と言えば、通天閣。15分に1回通天閣の色が七色に変化するイルミネーションが見られますよ。

「もう一杯だけ飲んでこや」

「あとちょっとで交代や」

見かけた人の、ふとした仕草に台詞を付けてみたり。

大阪の人はあたたかい、なんてよく聞くけど、夜の街を歩けばその意味がよくわかると思います。

夜の仕事の前に、腹ごしらえ。

帰宅するサラリーマンの姿が見えなくなった頃、工事現場のおじさんたちがやってきました。みんなの知らない間に仕事をするその姿が、とてもカッコよくて…。

傘が必要だったり、外へ出るのが億劫に感じるときこそ、普段とはちがう景色が広がります。

サラリーマンとタクシーとラーメン屋の看板を見ると、どんな夜を過ごしたか想像できてしまいませんか?

みんなの帰りを見届ける駅員さんって、どんな気持ちなんでしょう。

新世界や道頓堀から少し離れた場所にも、大阪っぽい “ごちゃごちゃしたお店” はたくさんあります。 

「今日もいい日やった」。

そんな明るい笑い声で満たされる世界を、大阪の街からつくっていきたいと思っているんです。

Licensed material used with permission by yuji hirai, (Instagram)
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...