今日もいい日やった。「大阪の夜の景色」から、そんな世界を作るフォトグラファー

昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています。

そんな日常風景を未来に残していくことが、フォトグラファーとして生きるボクの使命だと思っているんです。歴史の教科書には、当時の様子を描いた絵や写真が載っていますよね。あと100年も経てば、きっと2017年の日本も教科書で紹介されるはずです。そのときにボクが撮った写真が何らかのカタチで貢献できたらいいなと思い、日々街の風景を撮っています。

今日は、Instagramでも公開している、ボクが大好きな「大阪の夜」を紹介します。

2187c07e5c22f5e835bed45d87095bf5c004d71d

昼間は普通のお店に電灯が灯っただけなのに、周りの雰囲気が一変。

84302beced9f7ea71bdb0914c7fa3524a8eef359

大阪にはいろんな国の人がいるので、飲み屋街を訪れると海外に行ったような気持ちになれます。

Ec46ca353d92f1285065b6a9ed744ff336103bf9

仕事を終えたサラリーマンの後ろ姿って、なんだか日本らしさを感じるから好きなんです。 

69722742e6cfe9dc8842eab08f401144b65742b2

大阪と言えば、通天閣。15分に1回通天閣の色が七色に変化するイルミネーションが見られますよ。

77917a33074d14ab4e1ba6cef1bc8581178eec6b

「もう一杯だけ飲んでこや」

9e33caff15fa8d5a1458b2c5fc422a6a2212f0ef

「あとちょっとで交代や」

見かけた人の、ふとした仕草に台詞を付けてみたり。

75a9b72daf2a2196a710ed8d36cb343e0c42665b

大阪の人はあたたかい、なんてよく聞くけど、夜の街を歩けばその意味がよくわかると思います。

Efd1be8cdbe421c67faca6db4b26dc20ff25b8ba

夜の仕事の前に、腹ごしらえ。

55a2444dc9016dc68f06167b93cb63f656001fd8

帰宅するサラリーマンの姿が見えなくなった頃、工事現場のおじさんたちがやってきました。みんなの知らない間に仕事をするその姿が、とてもカッコよくて…。

22741a99acd1d9b69a4f514c5b0f2b6d45adfbd0

傘が必要だったり、外へ出るのが億劫に感じるときこそ、普段とはちがう景色が広がります。

1e8fffec640e4bdc4cbb67d6efdc0a0a2f554504

サラリーマンとタクシーとラーメン屋の看板を見ると、どんな夜を過ごしたか想像できてしまいませんか?

6a5ddfce7fb14121fd76647049e919f1166f6df7

みんなの帰りを見届ける駅員さんって、どんな気持ちなんでしょう。

Dde58f9a66905bd0ceef06f15ba3e9eb57b43ca3

新世界や道頓堀から少し離れた場所にも、大阪っぽい “ごちゃごちゃしたお店” はたくさんあります。 

B6ede75d509d5ce555f9fb53955dd80660cdbd28

「今日もいい日やった」。

そんな明るい笑い声で満たされる世界を、大阪の街からつくっていきたいと思っているんです。

Licensed material used with permission by yuji hirai, (Instagram)
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...