12年目のiPhone写真コンテスト優勝作品は「アフリカの姉妹」

今年で12年目となる「iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)」の優勝作品が発表された。イタリア・ナポリ出身Gabriella Ciglianoさんの『Big Sister』だ。

タンザニアのウングジャ島で偶然出会った姉妹を収めたもの。iPhoneXを構えるGabriellaさんを興味深そうにまじまじと見る様子が鮮明に捉えられている。その後、姉妹は自分たちが写った写真を生まれて初めて目にし、驚いていたという。

秀逸な写真だけではなくiPhoneがもたらす出会いも垣間見れるのが、同コンテストの特筆すべき点でもあるのだ。

©Gabriella Cigliano/iPhone Photography Awards
Top image: © the full credit given to the photographers and to IPPAWARDS.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やInstagramのフォロワー数は1...