Appleの広告採用も狙える「iPhone写真」のコンテスト

誰でも一眼レフに劣らない(場合によってはそれ以上⁉️)撮影ができるようになったiPhone。とくにiPhone Xがリリースされたときには、“一眼泣かせ”なんて言われていましたよね。

さらに、iPhone Xsのスペックはパワーアップして、綺麗に背景をボケさせることが可能になりました。

そんなiPhoneで撮影された写真から、10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」をAppleが開催しています。“世界で最も使われているカメラ”だから、相当な数の応募作品がありそうですね。開催期間は1月22日〜2月7日。

応募方法はとても簡単です。自分の「これだ!」という写真に#ShotOniPhoneというハッシュタグをつけて、SNSにシェアするだけ。あとはiPhone開発に携わったメンバーなどが審査をしてくれます。

選ばれた優秀作品はAppleの広告写真として使われ、その対価に見合ったライセンス料も支払われるそう。個人的にはかなりのご褒美だと思います。だって、お金をもらった上に、渋谷駅のホームとかにどーんと自分の写真が置かれるんですからね。ま、そこまで写真に自信があるワケじゃないんですけど……。

でも、これは世界中の人が応募できて、誰もがAppleから認められるチャンスのあるコンテスト。夢見ちゃうな〜。

詳しくはAppleのNewsroomでチェック。

Top image: © iStock.com/svetikd
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

3月3日、「Apple」のiPhone「ナイトモード」を使用した「ナイトモードフォトチャレンジ」の受賞作品が発表された。数千の作品から選ばれた受賞作品とは?
「Apple」がアメリカ時間の今月13日(火)に開催されたiPhoneイベントにて待望の新世代モデルとして「iPhone 12」シリーズを発表。
1月8日、Appleが「iPhone11/11 Pro/11 Pro Max」の「ナイトモード」で撮影したベストショットを世界中のユーザーから集めるキャン...
8月7日、Appleが「Apple ASMR」というシリーズで4本の動画を公開した。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
AppleはiOSのセキュリティ構築に関わる研究者やハッカーたちのために、セキュリティ制限の一部を取り除いたiPhoneを製造、支給しているようだ。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...