空前絶後の「絵文字のベーグル」騒動!

 

みなさんこんにちは、絵文字ライターのSAIです。

前回の絵文字ジャーナルのラストにて、「事件です」と煽っておきながらちょっと時間があいてしまいました。すみません。

さて、間もなくアップデートされるiPhoneの絵文字。その中の「ベーグルの絵文字」をめぐって、Apple社と、あるチーズ会社の間で “一悶着” あったのはみなさんご存知でしょうか?

このニュースについて、まずは下記にてさくっとサマっておきます。

空前絶後の「ベーグル」騒動

【経緯】

①iPhone 絵文字アップデートのニュースが出た(その中に上の写真のベーグル追加の情報あり)。

②「これじゃウォルマート(アメリカにある世界最大級のスーパーマーケット)の冷凍庫から出してきただけのベーグルのようだ!」というニューヨーカーたちの批判ツイートが殺到。

③クリームチーズを販売するアメリカのブランド・PHILADELPHIAは、「絵文字のベーグルにクリームチーズを追加してほしい!」という署名運動をスタート。

④iPhoneのベーグルの絵文字にクリームチーズ追加!(NEW!!)

 

 

ハッピーベーグル! よかったよかった!

物申したニューヨーカーたちのベーグルスピリットにもあっぱれ、署名運動を起こした会社のクリームチーズスピリットにもあっぱれ、そしてちゃんとベーグルにクリームチーズを挟んだApple社の絵文字スピリットにもあっぱれ!

と、めでたしなのですが
伝えたいのはそこじゃなくて……


PHILADELPHIA社が署名運動をした際、Apple社に「クリームチーズが挟まった状態のベーグルの絵文字」のイメージ資料を提出していて。絵文字ライターの自分が一番興奮したのは、その資料だったんですね。

ちょっと見てみてください。

 


実際にリリースされる予定の「絵文字のベーグルに挟まっているクリームチーズ」より美味しそうなんです。いや、美味しそうとかそんな安直な言葉で片付けてはいけませんね。ちゃんと塗られているんですよ。華奢なバターナイフで、こなれた手つきで、あくまでも毎朝のルーティンっていう感じで、ちゃんと「塗られている」んです。薄塗りではあるけれど、ちゃんとベーグルの縁ギリギリまで几帳面に塗られたクリームチーズに、全然会ったこともない(なんならニューヨーク行ったこともない)ニューヨーカーのキッチンの風景まで想像してしまいました。ナイス・塗りムラ。

ほんとは、この提案資料のままリリースしてほしかったっていうのが本音。だけど実際にクリームチーズを挟んでくれたAppleの絵文字開発チーム(というチームがあるのかは相変わらずわかりませんが)のみなさんには、やっぱり心から感謝の意を表したい!絵文字ライターの心をかなり揺さぶってくれた「ベーグル騒動」だったのでした。

にしても……アップデートいつ!?

間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
「#WorldEmojiDay(世界絵文字デー) 」の7月17日、それぞれの国がどの絵文字を一番使っているのか、Twitterより発表されました。けっこう...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味を...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
車の合流で道を譲ってもらった。後続車や歩行者に危険を知らせたい。そんなタイミングはたびたびあります。でも、手を振ったり、ハザードランプを使うといったサイン...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
自宅で簡単にネイルアートが楽しめる、アメリカ発の「ネイルプリンター」デバイスが登場しました。スマホのアプリを使って、イラストや絵文字、写真を爪に直接プリン...
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
名のロゴがプリントされていなければ、胸ポケットのピッツァだって絵文字のようにアイコニックなデザイン(ぱっと見ペパロニですが、マルゲリータだそうです)。