よく見ると「絵文字」がある建物。一体なぜ?

新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。

そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でした。パッと見、主張しすぎない感じで、これまたさり気なくて可愛いんです。

よ〜く見てみてください

Photo by Bart van Hoek

Photo by Bart van Hoek

Photo by Bart van Hoek

ね?可愛いでしょ^^

10代の子どもたちが
愛してくれるデザインを

 「近くに学校があって、ここを通るほとんどの人たちが10代だから絵文字にしたのさ」

と、プロジェクトメンバーのChangiz Tehraniさん。

見てくれる人たちと繋がれるようなデザインを考えたら、絵文字にたどり着いたのだといいます。もし、違う地域にある建物を任されていたら「まったく違うデザインになっただろう」とのこと。一番大事にしているのは「クライアントや建物を実際に使う人たち、そして地域の人たちなんだ」と。

このデザインはインターネット上で拡散していて、気に入ってくれた人もいれば、受け入れてくれない人、通りかかったけど気づかなかったという人など、様々な意見が上がっているといいます。さらに、これほど多くの反響は予想していなかったということで、興味を持ってもらっていることが何より嬉しいんだとか。

世界共通語となった
「EMOJI」

Tehrani氏によると、デザインを決める時、最初からポップなアイコンにすると決めていたわけではないとのことです。今の時代に合っていて、面白くて、人に見てもらえるのは何かと考えた時、それが日本発のコミュニケーションツールだったといいます。

「感情は『世界共通語』です。世界中が絵文字でコミュニケーションを取っているのです。これは特別なもの。だからこそ、建築デザインとして使わない手はないでしょ?」

ここまで褒めてもらえると、日本人として嬉しい限りです。

今回話題になったからといって、今後も「表情豊かな建物」だけに特化していくわけではないみたいですが、これからも地域に馴染む、地域のためのデザインを作っていきたいと話してくれました。

Photo by Bart van Hoek

Licensed material used with permission by Attika Architekten Amsterdam
間もなくアップデートされるiPhoneの絵文字。その中の「ベーグルの絵文字」をめぐって、Apple社と、あるチーズ会社の間で “一悶着” あったのはみなさ...
間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
2月12日、Android上の「Gboard」で絵文字のマッシュアップできる「Emoji Kitchen」がローンチされた。絵文字の要素と要素を自由に組み...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
「Apple」は先日、この秋新たに追加予定の絵文字を発表した。さまざまな肌色を組み合わせた“ふたり組”の絵文字だったり、車椅子や白杖などを使う障害者を表し...
10月下旬、米「Apple」は「iOS13.2」のリリースを発表。今回、新たに398種類の「絵文字」が追加され、女性の月経を表す「一滴の血」が話題となっている。
「Emoji Weather Japan」は、絵文字を使って、毎日天気予報を更新しているTwitterアカウント。1日4回、「朝」「午後」「晩」「夜」でツ...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
2020年内に新しく追加される117個の絵文字セット「Emoji 13.0」が絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」によって公開。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
体型や姿勢に合わせてパーソナルマッサージを施すロボット「IYU PRO」。人間のような滑らかな動きで、日頃働くなかで感じる身体の違和感を緩和してくれるはず。
変化の激しい現代においてあらためて注目を集めているのが心とカラダをととのえる「マインドフルネス」という習慣。そんなマインドフルネスについて、その意味や語源...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
7月にアップデートされ9月に施行されたFacebookの「コミュニティ規定」について、今、多くの海外メディアが取り上げている。Facebook上で特定の絵...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。