オランダに「観察されるホテル」が、できるのかもしれない。

オランダで生まれて、世界に名を轟かせている建築事務所『MVRDV』。

まえに建築物をリサーチした時に出てきて、記憶に残っていたのが彼らの有名な作品だった。高齢者のための「WoZoCo」と、ウォーターフロントに浮かぶ「SILODAM」。

どちらも“集合住宅”で、オランダの小さな国土にしては、人口が増えすぎてしまっている問題を考えて建てられたもの。

場所がないなら、彼らは海も住処に変えてしまう。

SILODAM

メディアへの露出はもともと多く、今までの建築物も取り上げられているけれど、『Dutch Design Week 2017』でもまた、あたりをざわつかせる新作を発表していたようだ(Instagramの出没率も高め)。

けれど今回はちょっと違う。他の作品の時よりも、その声には“艶やかさ”が感じられた。

「ぼんやり透ける」
それがなにより、魅惑的。

Photo by Ossip van Duivenbode

透ける壁に囲まれながら「非日常の刺激」を求めたいーー

なんてセリフから、ホテルの説明をしたら怒られるだろうか。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。

とは言っても、だ。“15デニールのタイツ”みたいに絶妙な透け感を見たら、どうにもそんな連想のレールに乗っかってしまう。おかしいのだろうか?

おかしいのなら言わせてほしい、「もっと壁を厚くしてください」と。そして、「ピンクの壁に、外から丸見えのトイレを設置しないでください」と。

Photo by Ossip van Duivenbode

この大きさに<9名分>っていうのは、さすがに押し込みすぎだと思ったけれど、意外とそうでもなさそう。ダブルサイズのベッドも置けるし、トイレだって複数ある。

これを住居としてではなくて、宿泊施設にすることで「記念に1泊くらいなら」と、観光の一環にもなる気もする。

私なら、絶対に嫌だけれど(笑)。

Photo by Ossip van Duivenbode

残念だけれど、今回はあくまで展示物。

とは言え、アムステルダムといえば「欲望に従順な街」だと私は思っている。売春合法、大麻合法。ほとんど裸のお姉様方が、ガラス越しに誘ってくる飾り窓地区。やたら絵になるラブホ街。初めて足を踏み入れた時に、この場所での「普通」には、幾度も驚かされてきた。<LOVE SHOP>が多すぎる。

他の場所でなら実用化は見込めないけれど、オランダならやりかねないとも思う。あくまで予想だけれど、「他人に覗かれる生活」という非日常の刺激は、きっと心地よいくらいだ。

Licensed material used with permission by MVRDV, The Why Factory
他の記事を見る
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...
朝、トーストしたパンにバターを塗ったら、その上に細かいチョコレートをたっぷり振りかけて。これ、オランダ人からすれば常識。チョコレートスプレーのようなカタチ...
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
UAE(アラブ首長国連邦)の生産者が、ジープで砂漠まで行き、集めた砂を使って作られたコーヒーカップ。フォルムは変わりゆく砂丘をイメージ。大切な人にこそプレ...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。当時の素材...
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...