美しくライトアップされた農園。じつは......【オランダ】

遊園地にいるような気分になる鮮やかなライトアップだが、じつはこれ、オランダを拠点にする「Studio Roosegaarde」最新アートワーク

その名も「GROW」は、農園でおこなわれた大規模なプロジェクトだ。

2万㎡の農園いっぱいに広がるネギを、赤と青のライトが交互に照らす幻想的な空間が広がる作品。しかし、ただライトアップされて美しいだけではなく、紫外線ライトを使用しているので、農作物の成長を促進し、最大50%の殺虫剤の使用を削減するという役割も担っている。

また、光の照射範囲を管理しているので、近くに行かないと光が見えないようになっており、付近で生活する人の迷惑にもならない。将来的には、一般の農園で使用されることを想定したものとなっているのだ。

オランダの「ヴァーニヘンゲン大学」「世界経済フォーラム(WEF)」も協力し、2年以上かけて完成した、この大規模プロジェクト。

農園を美しく照らすアートの側面と、持続性のある農業を目指す最新技術を搭載したサイエンスの側面がうまく融合した作品といえるだろう。

© Daan Roosegaarde
Top image: © Daan Roosegaarde
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...