サーバーの「熱」でお風呂!というオランダのプロジェクト

サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロジェクトなんです。

多くの企業は、大量のサーバーが集まるデータセンターから出る“熱”をどう冷却するか?で、悩みを抱えています。ですが、Nerdalizeのアプローチは全く異なっていて、一般家庭にサーバーを置いて、その排熱を家の温度調節に利用してもらおうとしています。冷却装置の開発に取り組まずに済むんですね。スマート!

自宅にサーバーを設置したとしたら、水を温める機能などを発揮してくれるそう。ユーザーは電気代が安くなる、というワケです。

元はと言えば、何も手をつけられていなかった“熱”を利用しているから、余計なエネルギーをつくり出さなくていい。つまり、環境にも優しいというオマケ付き。

企業にとっても、ユーザーにとっても、環境にとっても、メリットがあるサービス。はっきり言って、オランダにだけとどめておくのはもったいない!

Top image: © 2018 Nerdalize
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。特に注目して欲しいのは翼の部分。ここに座席が設置される予定なんです。
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...