山の上でビールを飲むならコレ。背負えるサーバー「ManCan」

長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれません

とはいえ、山頂でお酒を楽しむのはなかなか難しいもの。とくに気圧の関係もあって缶ビールは開けた瞬間にブシャーとなったり、ちゃんと冷やすとなると氷やクーラボックスも必要。

そこで「ManCan」の登場です。なんと、そのまま背負って山に登れるポータブルビールサーバーなんです。

山岳リゾートの本場で開発した
約3kgのサーバー

D2328bd6b745dd577c2a0543ee99c47315bf193e

「ManCan」が開発されたのは、ロッキー山脈のふもと、標高1,600mにも及ぶことから「マイルハイシティ」の異名を取るデンバー市。世界でも有数の山岳リゾート地です。

重さはなんと、3kg弱(※乾燥重量)。ビールサーバーとしては破格の軽量さながら、CO2ボンベを使っていつでもどこでもおいしいビールを飲むことができる、という本格的なもの。クリーミーな泡とスッキリした飲み口は、缶ビールではなかなか味わえません。

ビールが満タンでも約6kg
これならいけるかも?

9992f1a8cdf9eeb6352b2d018210f156b2cdcd4e

スタンダードな128オンスサイズは、US版のビール瓶およそ10本分が入る大きさ。サーバーと満タンのビールで、6kgほどの重さになります。

登山に持っていくにはちょっと重いかな?とも思いますが、たとえば野球場で売り子さんが持ち歩いているビールサーバーは約15kgです。登頂で飲むおいしいビールに想いを馳せれば、なんとか持っていけるかも。

もちろん、全部飲んでしまえば帰りは軽くなります。

山でのお酒は
飲みすぎに注意

00baddd9b9dc88aa0be476e1b049e5221a4cb3f3

とはいえ、登山中の飲み過ぎは危険なので、おいしいビールがあるからといって注意が必要です。山は気圧が低いためアルコールの回りが普段より早いことも忘れないようにしましょう。(帰りにクルマの運転を控えている方は、絶対にNGです)。

でも、大自然の中で味わうおいしいビールは、やっぱり魅力的。128オンスサイズは、CO2ボンベが2本ついて199ドル(約2万円〜)。現在はアメリカとカナダのみの発送とのことですが、気になりますね。

Licensed material used with permission by ManCan.Beer
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...