【インターン募集】あなたの使命は、クラフトビールの魅力を世界に発信すること。

海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。

フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World of Beer」が、現在3人のインターン生を募集中。できることなら今すぐ応募したい!

【使命】
クラフトビールの魅力を
世界中に発信すること

D469bf1f5d8ddd83ddbfd604ae6d523a6a8aedef

今回のインターンは、世界中の醸造所やBARに出かけ、ソーシャルメディアを通じて、ビールの情報を世界に発信するというもの。

CEOのテリー・ヘイリーは、こう語ります。

「素晴らしいビールと、その物語には、人と人とを繋ぎ、忘れられない思い出を作る強い力があります。ワールド・オブ・ビアーズという会社には、その想いも込めています。

今回のインターンシップは、この信念を具現化したものであり、参加者は旅をしながらキャリアとスキルを積むだけでなく、クラフトビール文化を通じて経験した旅の思い出を発信し、このコミュニティに新鮮でパーソナルな視点を提供してほしいのです」

当然ですが、ただ何も考えずにただビールを飲めばいい、というわけではありませんでした…。

【給与】
約138万円なり

Dadcfb64797c56391850cc191fb9a98b281f200f

このインターンシップのもうひとつの特徴は、なんと言ってもお給料までもらえるということでしょう。5月から8月までのインターンシップで、およそ12,000ドル(約138万円)ほど。ここに経費として、旅費が別途支払われるそうです。

【気になる条件は?】

応募条件は、21歳以上。ただし、インターンシップ参加時点で、アメリカでの労働が法的に認められている必要があります。ソーシャルメディア、食べ物、ビールが好きなフォトグラファーやライター大歓迎。応募は3月26日まで。

日本人にとっては応募の難易度が高いですが、こんな楽しそうな求人、もっと増えたらいいですよね!

Licensed material used with permission by WORLD OF BEER
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...