「銭湯ラバー」たちが湯上がりに「クラフトビール」を“ぐびっ”と浴びる

湯上がりに待つのは「全20種類」の冷えたクラフトビール──ムリ、選べない。

「日本ガラスびん協会」は、東京と大阪にて「OKTOBER SENTO FEST 2019」を開催。期間限定で、東京13ヵ所、大阪10ヵ所の銭湯に全20種類の国産クラフトビールが大集合する。

このイベントは、プラスチック容器よりもリサイクルと環境保全の面で優れるとされる「ガラスびん」の利用を広めることを目的としたもの。

クラフトビールは、日本全国からフレーバー、爽快感、コクなどの観点から厳選。定番の「コエドビール」(埼玉)だけでなく、南は「独歩ビール ピルスナー」(岡山)から北は「銀河高原ビール 小麦のビール」(岩手)まで各地の味を楽しむことができる。

(個人的には「名古屋赤味噌ラガー」が気になる!)

*東京と大阪では取り扱い銘柄が一部異なる場合があります。

開催期間は、東京が10月10日〜11月30日、大阪が10月26日〜12月31日。東京ではすでに「銭湯の日(10月10日)」からスタートしている。

新たな秋の風物詩として、銭湯ラバーたちの湯上がりを誘う。もちろん“びん”で乾杯だ!

OKTOBER SENTO FEST 2019
【公式ホームページ】https://oktober.sento-saiko.jp/

Top image: © 2019 日本ガラスびん協会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
スコットランドのマイクロブルワリーBrew Dog(ブリュードッグ)といえば、「IPA」でもおなじみのビールメーカー。同社がオハイオ州コロンバスに、世界初...
長野県伊那市の訳ありリンゴを買い取り、焼きリンゴにして、シナモン、メープルシュガーを加えたアップルパイのような風味に仕上げたアップルシナモンエールが発売さ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
海外で見かける缶ビールってデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上にいろいろ楽しめる!そんな世界のLovelyなクラフト缶ビールとして、オレンジ色が...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
銭湯の魅力を発信しようと、ひとりの女性がイラスト風の見取り図をFacebookに投稿していたところ話題になり、それを集めた書籍『ひつじの京都銭湯図鑑』が出...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白い。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!ここでは、一見ホラーだけど妙にかわいらしく思えてくる缶ビールをご紹介...