完熟バナナでできた「伊豆のクラフトビール」が誕生

伊豆のレジャー施設「熱川バナナワニ園」と伊豆のクラフトビールメーカー「反射炉ビヤ」がコラボしたフルーツビール「伊豆バナナワニIPA」が、3月15日より販売をスタート。

新型コロナウイルスの影響が続くなかでも、伊豆観光を盛り上げようと作られたのが、この伊豆のローカルビールだ。

使用されている素材は、温泉熱を利用して栽培された伊豆産完熟バナナ。ホップの華やかな香りと、バナナのジューシーでフルーティな味わいが特徴となっている。

バナナの風味が余韻として口に残り、一度飲んだらクセになる味なのだとか。

購入は、反射炉ビヤの公式オンラインストアから。また両者の施設内でも販売されているほか、全国の酒屋、ビール専門店にも出荷予定だという。

一つひとつ手作業で丁寧に収穫されたバナナを用い、小さな醸造所で作られた特別なビール。一度試してみては?

©株式会社 熱川バナナワニ園
Top image: © 株式会社 熱川バナナワニ園
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事