サウナ後に飲むクラフトビール「After SAUNA Ale」が誕生

明日3月27日、「株式会社温泉道場」が運営する温浴施設にて、スペシャルなクラフトビールの販売が開始される。

「おふろcafe utatane(埼玉県)」の支配人であり、フィンランド観光局認定のフィンランドサウナアンバサダーでもある新谷竹朗氏を中心に、サウナを愛する温泉道場のサウナプロジェクトチームが監修した「After SAUNA Ale」。「サウナ後に最高においしいビールを飲みたい」という想いと「フィンランドのサウナ文化を広めたい」という理念が込められている。

サウナ後に飲みやすいよう、苦みよりもマイルドなクリーミーさを追求したホワイトビール。伊予柑の風味やコリアンダーを加えることで、酸味とスパイシーさがアクセントとして感じられる、サウナ後の感覚が鋭敏になっているときに味わうのに最適なビールに仕上がったという。

ラベルデザインには、おふろcafe utataneにあるフィンランドのサウナ小屋をイメージした「サウナコタ」を採用。サウナと水風呂の温冷交互浴による身体感覚を波のようなゆらぎで表現した。

オロポもいいけど、After SAUNA Aleも飲んでみたい!

© 株式会社温泉道場
Top image: © 株式会社温泉道場
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事