サウナ後のととのいウォーター 「サ水」 誕生

本日11月16日、サウナ後にぴったりのドリンクが発売された。

その名も「サ水(さみず)」。昨今のサウナブームの火付け役となった『サ道』の原作者であるマンガ家・タナカカツキ氏によるオリジナルデザインの富士ミネラルウォーターだ。

コンセプトは「サウナの後の“ととのい”ウォーター」。富士山に磨かれたミネラル分を含んだ弱アルカリ性のまろやかな軟水をサウナ後に味わうことで、身体の内側から沸きあがる“ととのい”を楽しめるという。

なお、「日本サウナ・スパ協会」が公式に任命する由緒正しき「サウナ大使」でもあるタナカカツキ氏はこんなメッセージを寄せている。

「私の大好きな富士ミネラルウォーター!恐れ多くも、パッケージの絵を描かせていただきました。サウナ室で火照ったカラダに、よく冷えた富士の水を流し込む。飲む温冷交代浴『サ水』の誕生です!思うぞんぶん、ととのってくださいませ」

今のところ、購入は富士ミネラルウォーターのオンラインショップほか、「ホテルマウント富士」「ふじやま温泉」など富士急グループが運営する温浴施設でのみ。今後、順次取扱い店舗を増やしていく予定とのこと。

©富士急行株式会社
©富士急行株式会社
©富士急行株式会社
Top image: © 富士急行株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、いまだ謎めいた状態“ととのう”について解説してもらった。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
サウナーに評判の長野県・野尻湖のサウナ施設「The Sauna」に2棟目が誕生。新たにオープンするサウナは2階建てとなっており、1階は涼しく、2階は暑いと...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...