ビール好きなら、死ぬまでに訪れたい「6つの聖地」

旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。

エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリーならではの1杯に巡り会えると、とても幸せな気持ちになれる。この快感は、ショッピングや絶景巡りなどでは決して味わえないものだ。

その土地でしかできない「体験」を求めた旅へシフトしつつある今日このごろ。ならば、ビールを巡る旅なんてどうだろうか。つまり、ビールを飲むことを旅の目的にしてしまうのだ。「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoも、そう唱える1人。

以下は、彼女が世界中からピックアップしたビールの聖地だ。中には王道ともいうべきスポットも混ざっているけれど、やっぱりビール好きだったら抑えておきたいでしょ!

#1
オクトーバーフェスト 
(ドイツ・ミュンヘン)

秋の季節、ドイツのミュンヘンに出かけて、オクトーバーフェストでビールを飲むよりも素敵なことってある?

日常を抜け出して、世界で最大のカーニバルで乾杯(ドイツ語ではプルースト!)するためにビールグラスの準備をしましょう。

そこには、14棟ものビールテントがあり、あなたの身長くらいあるサイズのグラスに注がれるビールが注目をあびているはず。もちろん、ソーセージやプレッツェルやチョコレートで覆われたケバブをつまむことは忘れないでね。

あとは、自転車ツアーでドキドキする街並みにも繰り出すことにも挑戦してっ。

#2
ギネス・ストアハウス
(アイルランド・ダブリン)

あなたが、ダークビールの大ファンならダブリンにあるギネス・ストアハウスへ。

心と魂を込めて醸造されたお気に入りのビールを気軽に飲めるなんて、何ものにも代えがたい体験だから。

ストアハウスでのツアーが終わったら、7階へ。「グラビティー・バー」で、スムースなギネスを飲みながらダブリンが360度見渡せる景観を楽しみましょう。

#3
ハイネケン・エクスペリエンス 
(オランダ・アムステルダム)

淡い色のラガービールを求めるなら、アムステルダムを訪れる必要があるわね。かつてのハイネケン醸造所(現在では、博物館に改築)は、旅行を計画する際にはマストゴーなスポットよ。

#4
マクソリーズ・オールド・エール・ハウス 
(アメリカ・ニューヨーク)

ニューヨークの美しい摩天楼は、無限の可能性を秘めてる。バラエティーに富んだレストラン、バー、ビアガーデンは、すべてのグルメやビールラバーを満足させてくれるはず。

マクソリーズは、ニューヨークにある一番古いアイルランド居酒屋。場所は、イースト・ヴィレッジ。店内のおがくずの床、共有テーブルの友好的なバイブス、新聞記事で覆われた壁…とっても個性があるスポットなの。

さて、大事なことを決めないとね。注文するのは、ライトエール、それとも、ダークエール?

#5
ベルジャン・ブルーワーズ・ミュージアム 
(ベルギー・ブリュッセル)

ブリュッセルは、間違いなく魅力的な都市よね。

ベルギーのビール探索ツアーでは、はじめに立ち寄るべきところ。この国は、すべてのビールが素晴らしくて、とても魅力的な旅先としてリストに加える価値があるわ。

ベルジャン・ブルーワーズ・ミュージアムでは、ベルギービールの優雅な伝統を要チェック。醸造法から、発酵樽や18世紀までの醸造所で使われていた道具も見学することができるから。

ツアー後は、ミュージアムのカフェでビールを楽しんで。じゃ、最後のスポットへ移るわよ。

#6
ストーンブルーイング・ワールドビストロ&ガーデンズ 
(アメリカ・サンディエゴ)

カリフォルニア中で、ビールを求めてロード・トリップを計画中なら、ストーンブルーイングは、絶対、最初に訪れて欲しい場所。

敷地内には、1エーカー(4,046平方メートル)の有機ビール農場、タップから注げばすぐに飲める特別なクラフトビール、素晴らしい料理、そして、ゲストが飲食できる素敵なオープンエアーの中庭まで用意されているんだからっ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。