自転車とビール。ある意味ギリギリなイベントをポートランドで体験!

日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足できないビアフリークたちが自分たちの手で納得のいくビールを作ろうとしたのがコトのはじまり。

ビールなくしてポートランドは語れない

まさにDIY魂の結晶とも言えるクラフトビールは、もちろんポートランドでも大人気。市内のスーパーでもこの通り、フリーザーは全部クラフトビールで埋め尽くされています。その数なんと、およそ1000種類。

ポートランド市内には59もの醸造所があり、それぞれが個性ある地域密着型のビールを造っています。街のいたるところにタップルームと呼ばれる醸造所併設のビアレストランがあり、ポートランダーたちは昼間から当たり前のようにビールを楽しんでいます(たとえ仕事中だとしても!)。

今回訪れたのはイーストポートランド地区に醸造所とタップルームを構えるTHE COMMONS BREWERY。設立して10年立たない若手ブルワリーながら、多くのコンペティションで受賞している実力派。

もちろん、スタッフのアレックスもビアフリーク。話し出したら止まりません。

「セッション系」から「ファームハウス」へ

ーー最近流行ってるのって、どんなタイプのビールかな?

ここ数年、こっちのクラフトビールシーンでは、「セッション系」というジャンルが人気だったんだ。ホップ感や味わいはしっかりと備えながら、昼間から飲むことができる低アルコールのビールだね。タップルームで飲んだり、グロウワーという専用のボトルに生ビールを詰めて、持ち帰ってキャンプしながら飲んだり、みんな思い思いの方法でビールを楽しんでいるよ。

最近、僕たちのところで作っているビールのなかでも特におすすめなのが「ファームハウス」というタイプのビール。もともとベルギーの農家が作っていたビールで、野生の酵母を使用しているのが特徴だね。昼間に農作業をしながらでも飲めるぐらいアルコールも低いし、一種のセッション系ビールとも言えるね。ちなみに日本でも僕たちのビールは販売されてるぜ!

こちらがTHE COMMONS BREWERYのタップルームで提供しているトライアルセット。どれも4%ほどの低アルコールながら、しっかりと濃い味わいです。

特に右から2番目のファームハウス系のビールは酵母や微生物に由来する複雑な酸味と香りがあいまって、今まで味わったことのない香り高いビール!

みんなでサイクリングに出掛けた帰りに僕たちのタップルームを訪れる人たちもいるよ。この間は20人ぐらいのサイクリストたちが来たよ!スポーツとかアウトドアの最中や、終わった後にビールを飲む人たちが多いんだよね。

「自転車とビール」ーー意外(!?)なふたつのキーワードが繋がってしまうところが、やっぱりポートランドならでは。

自転車とビールの「やっぱり!」な共通点

アレックスの話を聞いて向かったのは市街の倉庫街。そこでは、「BIKE & BEER」という実にストレートなネーミングのイベントが!!
これは、ポートランドを中心とした自転車ビルダーの展示会とクラフトビールの試飲会を同時に行うという風変わりなもの。
みんなビールを片手に自転車談義に花を咲かせています。
話しを聞かせてくれたのは、Machine Bicycle Co.という市内に工房を構える自転車ビルダーのスタッフ。

ーーなんで「自転車とビール」のコラボなの?

もともとハンドメイドの自転車は既存の交通機関に頼らないで、自分たちの足で移動するための手段として盛り上がってきたんだ。クラフトビールも同じさ。

”自分たちの手で自分たちが好きなものを作る”っていう文化。万人にウケる必要はなくて、ほんの少しの人に面白がってもらえればそれでいいんだ。地元に密着してることも自転車とビールの共通点だね。

じつはポートランドも日本と同じく自転車の飲酒運転は違法。それでもこんなイベントを実現してしまうあたりがなんともこの街らしい、という気がします。

みんな自転車は押して帰るハズ。
(※この記事を見てイベントに参加してみたいと思った方は、くれぐれもご注意を!)

会場ではアメリカのスーパーで見掛ける4本パックや6本パックのビールを積めるキャリアがついた自転車も発見。こういう自転車とビールのコラボレーションなら日本でも楽しめそうですけどね!

関連する記事

今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
国内外1400種以上のクラフトビールを取り扱うサブスクリプションサービス「オトモニ」が、お肉と相性バッチリなスパイス「ほりにし」を同梱したクラフトビールセ...
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
1杯300円からクラフトビールが楽しめる国内最大級のクラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日~7月26日、7月29日~8月2日、東...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
新潟県月岡温泉のクラフトビール醸造所「TSUKIOKA BREWERY」が、日本で初めてルビーチョコレートを用いたクラフトビールの醸造に成功
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...
「クラフトビール」は、最近よく耳にするものの意味は知らないという人も少なくありません。そんな人は、本記事で”クラフトビールとは何なのか”について確認してみ...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
伊豆のレジャー施設「熱川バナナワニ園」と伊豆のクラフトビールメーカー「反射炉ビヤ」がコラボしたフルーツビール「伊豆バナナワニIPA」が、3月15日より販売...
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
こだわりのクラフトビールと焼鳥を気軽に楽しめるクラフトビール酒場「トリクラヒーロー」1号店が目黒に今週10日オープン。​
海外で見かける缶ビールってデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上にいろいろ楽しめる!そんな世界のLovelyなクラフト缶ビールとして、オレンジ色が...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...