ポートランドの「コインランドリー」は人々が集まるコミュニティの場だった

時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾燥機が回る間、暇をつぶす方法に頭を悩ませたこともあるはず。

ここに紹介するのは、米西海岸ポートランドのコインランドリーのお話。全米一人と環境に優しい街ならではの工夫がありました。

洗濯中はカフェでまったり。
クラフトビールも楽しめる!

まずは、これらの写真を見てどう思います?一見すればカフェそのもの。ソファやテーブル席で、利用者たちは思い思いにくつろぎ時間を過ごしています。そうそう、無料のWi-Fiだって使えるんです。でも、これがポートランドスタイルのコインランドリー。写真のなかの人々の、一番の目的は「洗濯」をすること。いや、もしかしたらそれすらも目的ではないのかも。

日本のコインランドリーは、どちらかといえば生活感がどっと出た作業場的な印象があるかもしれません。だって、目的は衣類を洗濯することにある訳だから。

では、もう一度ポートランドのそれを見てください。ノートPCを開いたり、カップルで談笑したり、目的の洗濯をしている間もこの空間を有効利用することができる。そこに大きな差が生まれていることが、たった2枚の写真から読み取れるのでは?

コミュニティの場として
機能するランドリーを

2014年3月にオープンした「Spin Laundry Lounge(Spin)」は洗えて、飲めて、くつろげる、環境にやさしくソーシャルなランドリーです。彼女がオーナーのモーガン・ゲイリーさん。大学生時代にこのランドリーをコミュニティの場とするアイデアを思いつき、いまの時代に即した環境に負担をかけず、持続可能なコインランドリーのあり方を研究したんだそう。

卒業後に念願叶ってオープンしたこの場所、低エネルギーで環境に優しく、かつ人々が気軽に集えるソーシャルコミュニティ空間として、まったく新しいコンセプトでランドリーの価値を提供しています。この、環境への配慮が、いかにもポートランドらしいところ。

テーマは
「持続性」と「コミュニティ」

天井が高く、四方に窓を配した明るく開放的な空間。日本のコインランドリーとは、当然規模が違いますが、中身も一味違います。

たとえばこちらの洗濯機、モーガンさんが徹底的に調査したうえで、世界で最もエネルギー効率に優れていると判断したエレクトロラックス製の導入を決定。二酸化炭素排出量を減らし、使用する水も少なくて済むものなんだそう。さらに、彼女の想いは、洗濯用洗剤にも。

環境に優しい製品のみを
「Soap Shop」で取り揃え、
低刺激の洗剤をタダで提供

「Spin」では、環境に配慮したナチュラルで無香料の衣類用洗剤を、利用客に一部無料で提供しています。また、併設する「Soap Shop」では、衣類に合わせた環境に優しい洗剤や無塩素漂白剤を購入することも可能だそう。こうしたメッセージを目にして、利用客もおのずとナチュラル志向の強い衣類用洗剤を持ってやってくるようになったんだとか(洗剤の持ち込みは可)。

独自ブレンドコーヒーに
クラフトビール。22時以降は
ハッピーアワーも!

さて、洗濯を待っている時間をいかにして過ごすかーー。ここならではの魅力を発見。オリジナルブレンドのコーヒーからポートランドの美味しいクラフトビールやワイン。ランドリーにいながらにしてカフェ気分が楽しめるって、これはナイス!さらには地元の有機野菜を使ったサラダにパニーニなど、ドリンク以外のメニューも充実。
ちなみに、22時から0時のランドリー利用が減る時間帯に「ハッピーアワー」を設け、ビールとワインを1ドルOFFに。ドリンクだけじゃありません、本来の目的である洗濯にも特典あり。この時間から乾燥機も無料となるんだそう。

「Spin」オリジナルブレンドのコーヒー。

ノベルティの洗濯バッグもおしゃれ。

一人暮らしのワンルームでも洗濯機があったりして、実際日本ではコインランドリーを使用する機会が減ってきているかもしれません。けれど、こうしたカフェやライフスタイルを提案するセレクトショップが併設されているコインランドリーが日本にも増えたら、もっと気軽に立ち寄れて、人々が集うコミュニティ空間になれそうな気がしませんか?

Licensed material used with permission by Spin Laundry Lounge
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多...
もともとは、パッケージデザインに興味を惹かれて紹介しようと思ったプロダクト。でも、あまりにもユニークな商品コンセプトの存在を知ったからには、もうそっちをメ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
コインを投げれば、願いが叶うー。世界には、そんな伝説が伝わる場所がいくつかあります。最も有名な観光地のひとつといえば、イタリアにある「トレビの泉」。映画『...
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。