なんで“缶”燥機になってしまうん?「サクマドロップス」がウォッシュサロンとコラボ!

重ねて並べると……まるで乾燥機が連なるウォッシュサロン!

緑色の地にドロップの図柄の缶で知られる「サクマドロップス」のデザインが“缶”燥機になってしまった「フレディ サクマドロップス」が現在発売中だ。

これは、東京・目黒区にあるカフェ&コインランドリー「フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー」のブランド日本展開10周年を記念したコラボレーション企画から生まれた商品。同じ目黒区に本社を構える「サクマ製菓株式会社」とローカルコミュニティの深化を図って作られたもの。

缶の前面には乾燥機が描かれており、反対側には鮮やかな青色の背景に白色で「サクマドロップス」のロゴ入り。内容は通常と変わらず、いちご、パイン、オレンジ、レモン、りんご、メロン、すもも、ハッカの味のドロップが8種類。

「フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー」の店舗限定で販売されているそうだが、こんな遊び心あるドロップを口にしながらの洗濯待ちであれば、ほっこりと気持ちもキレイになって自宅に帰れるだろう。

© フレディ レック・ウォッシュサロン
© フレディ レック・ウォッシュサロン
© フレディ レック・ウォッシュサロン

『フレディ サクマドロップス』
【味】全8種:いちご・パイン・オレンジ・レモン・りんご・メロン・すもも・ハッカ
【内容量】80g
【原産国】日本
【価格】500円(本体価格)
 ※「フレディ レック・ウォッシュサロン」限定発売品

Top image: © フレディ レック・ウォッシュサロン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
今回は「Licue&Sneakers」。水洗い+手洗いで、大事なスニーカーを蘇らせてくれるコインランドリーが渋谷PARCOにあるって知ってた?
一般的な燻製機の手間をすべて排除して、手軽さにとことんこだわった「IBUSIST燻製機」。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
ダンボールを使った工作キットやおもしろ商品を企画・制作する「hacomo」がTwitter投稿した「自動販売機の仕組み」動画。
牛の町から届くミルク缶です。実用的です。なぜならプロ仕様の洗濯洗剤が入っているから。
バックパッカーはもちろん、そうじゃない人でもある程度長期の旅行であれば、旅先で衣類を手洗いすることがあるはず。じゃあ、洗ったあとはどうしてる?そこで活躍す...
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
「ナイキ」の「ジョーダン」ブランドより、八村塁のシグネチャーモデルが登場。彼のルーツである日本とペナンを左右異なるデザインで表現した新たなシューズだ。
「ケンタッキーフライドチキン」(以下KFC)が、ロシアでバイオプリンティング事業を展開する「3D Bioprinting Solutions」と協力し、3...
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
実勢価格3,000円代という価格と見た目のバランスがいいと思いました。とくに見た目に関しては、いざ探すといいものが少ないです。こういった便利系アイテムにあ...
1月半ばに入って急に寒くなりましたよね。自動販売機の赤いボタンにもつい手が伸びちゃいます。しかし、そんなときにこんな商品はいかが?コーンポタージュにしよう...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。