アメリカだからウケる乾燥機

サンフランシスコの企業が開発した乾燥機「Morus Zero」は、アメリカに住んでいたら重宝しそうです。なぜアメリカなのか?というと、コインランドリーに行くのが当たり前の国だから。

乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能になりました。加えて、部屋に置いておいても邪魔にならないサイズ。

常日頃からコインランドリーを使っている人は、多くの時間を節約できるんです。

日本に住んでいると一人暮らし用乾燥機が販売されているからピンとこないかもしれないけど、製造された国の文化を理解することで、製品がウケる理由も見えてくる。役に立たないかもしれないけど、ちょっと興味深いです。

ちなみに、クラウドファンディングでは目標額の1000%を超える資金調達に成功しています。

Top image: © 2019 Morus Technology
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
バックパッカーはもちろん、そうじゃない人でもある程度長期の旅行であれば、旅先で衣類を手洗いすることがあるはず。じゃあ、洗ったあとはどうしてる?そこで活躍す...
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
緑色の地にドロップの図柄の缶で知られる「サクマドロップス」のデザインが“缶”燥機になってしまった「フレディ サクマドロップス」が現在発売中。
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
実勢価格3,000円代という価格と見た目のバランスがいいと思いました。とくに見た目に関しては、いざ探すといいものが少ないです。こういった便利系アイテムにあ...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
雑誌『Hanako』が監修するアイスバーの第3弾は「バナナジュース」がテーマ。全国のファミリーマートで4/7より先行販売。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
栄養価の高い野菜やフルーツを使った商品を展開している「Rhythm Superfoods」から。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
注目度大のプロダクト「AM-9500」は、高性能ファンを内蔵し、呼吸時の息苦しさを解消する斬新な呼吸保護具だ。
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。