アメリカのゲーセン博物館に行ってみたら
めちゃくちゃ楽しかった!

アメリカ西海岸・サンフランシスコは、ゴールデン・ゲート・ブリッジなど観光の見どころに困りません。ただ、数ある観光スポットを余所にオススメしたいのが「Musée Mécanique(ミュゼ メカニーク)」というミュージアム!

『Musée Mécanique』
Pier 45 at the end of Taylor Street
Fisherman's Wharf
San Francisco, CA 94133
Tel: (415) 346-2000

サンフランシスコのノースビーチ、フィッシャーマンズワーフ「Pier45」内にあります。名前を日本語に訳すと「機械博物館」。館内は1800年代から現在に至るまでアメリカの人々に親しまれてきたレトロゲームがずらり。

©Megu_Texas

設置されているほとんどのマシンは、25 or 50セントを入れると稼働する現役!これら昔のアメリカにタイムスリップしたような感覚で楽しめるマシーンの数々。実際に遊び、懐かしのゲーセン体験でいろいろなものを見つけてきました。

これもゲーム……なんですね

©Megu_Texas

最初に見かけたのは、通称「ミュージックボックス」と呼ばれるもので、コインを入れるとボックスの中の人形たちが、ダンスや歌、笑いを披露してくれる、古典的なマシーン。

©Megu_Texas

人形のクオリティが評価しづらい……。昔のアーケード場は“ゲームをやる”というより“ただ楽しむ”ための場所だったのでしょうか?

通称「FAT LADY」は……トラウマレベルに怖い!!

彼女の名は「Laughing SAL」。1940~1972年、この地に存在したテーマパークでは通称「FAT LADY」と呼ばれて、子どもたちに笑いと恐怖を与えていたのだとか。入り口すぐの場所に設置されていて、このミュージアムの象徴のような扱い……これ、暗いところで観たら、トラウマになりそう。

こういうの昔のゲーセンにあった!

©Megu_Texas

ハンドルを回して2人対戦も可能なカーレース(先に20周した方が勝ち!)や競輪というアナログなゲームも。「体力系」のゲームって昔のゲームセンターにあったのを思い出します!

微細な加減はしてくれない!

©Megu_Texas

体力系では、アームレスリングといった王道のものも。見た目の古びた感じからは想像できない手強さに圧倒されます。というか、強さレベルの差が激しい!調子に乗って試したら、翌日腕が筋肉痛に……。

この髪型って、アノ人でしょ!

©Megu_Texas

アームレスリングの近くにあったボクシングゲーム人形。アメリカの白人マッチョなイメージなんでしょうけど……某大統領に見えません?そう感じたのは私だけでしょうか。

これってプロパガンダ……ですよね

©Megu_Texas

これもゲーム?覗くと第一次世界大戦の様子が流れる箱。国威高揚とかの目的なんでしょうけど、こんなのも20世紀のはじめにはあったんですね。

ゲームの存在にサンフランシスコの歴史が垣間見える

1848年の金の発掘のニュースにより、アメリカのみならず、ヨーロッパやアジアなど世界中から金の富を求めて何十万人という人々が上陸したサンフランシスコ。集まったのは、家族を故郷に置いてきた“出稼ぎ男性”が多かったといいます。ゴールドラッシュに沸いた彼らのエンターテイメントが栄えたこの街ならでは、という歴史も関係しているのかも。

©Megu_Texas

誰もが子どもの頃に戻ったように遊べそうなMusée Mécanique。営業時間は午前10時~午後8時まで。
ここの、斜め向かいにはクラムチャウダーで有名なBordinの本店があって、裏手はすぐサンフランシスコの海。館内からも望遠鏡を覗いて、湾に浮かぶアルカトラズ島をチェックするのもイイ!

無料で楽しめる場所は他にも!

他にも、徒歩圏内にはPier39やサンフランシスコ発祥の有名チョコレートの複合施設「Ghirardelli Square」といった話題スポットがあるし、これまた無料で楽しめる海洋博物館「Maritime Museum」などもある。

ここ、ノースビーチは西海岸を訪れた際に見逃せないけっこう遊べるエリアなんです。

Top image: © Megu_Texas
他の記事を見る
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月末オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったス...
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
世界最大級の大英博物館で、2019年、大規模な日本の漫画展が開催予定!展示内容は、ポケットモンスターやONE PIECE、ボーイズラブまであるとのこと。
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレート!
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
上海や深センの摩天楼とは異なり、最近は伝統建築のリノベーションが目を引く北京。ここで取り上げる「东四胡同博物馆」という博物館でも、伝統とモダン要素を調和さ...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...