宇宙にホテルができるかも!アメリカのベンチャーが試験機打ち上げ

宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」が作られるかも!

外観はこんな感じ

現在、国際宇宙ステーションとドッキングしています。

中はこんな感じ。

日本時間の2016年4月9日に打ち上げられた「居住用モジュール試験機」は、アメリカの宇宙ベンチャー「Bigelow Aerospace」が開発したもの。大きさは、全長4メートル、直径3.2メートルで、中は16立方メートル。来月から2年間の実証実験を開始し、そのデータをもとに今後の「ホテル」事業へと発展させたいようです。こんな感じになる予定みたいですよ。

民間初の試み「人類にとっての大きな一歩」、期待したいですね。

Licensed material used with permission by NASA
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...