宇宙旅行がすぐそこまで!宇宙旅行会社が「客室デザイン」を公開

有人宇宙飛行の商業サービスを目指して準備を進める宇宙旅行会社「Virgin Galactic」が、宇宙船として使用する予定の「VSS Unity」の客室デザインを公開。

ロンドンを拠点にするデザインカンパニー「Seymourpowell」と共同で設計されたという内装デザインは、快適性機能性、そして何より1回数万ドル(数百万円)といわれる高額な旅行代金に見合う特別な体験を提供することを第一に考えて作られたという。

© virgingalactic/Twitter

最大6人の搭乗が可能だというこの飛行船。すべての座席が窓側に設置され、天井に並んだいくつもの天窓からは通常の旅行ではお目にかかれない絶景を眺めることができる。

もちろん、宇宙空間では無重力状態になるので、客室内のあらゆる場所にハンドグリップが設置され、可能な限り柔らかい素材を使用。

船内の至るところに設置されたカメラが高画質での撮影をおこなっているので、貴重な体験中に自ら撮影する手間を省いてくれるという配慮も。撮影された画像は着陸とほぼ同時に乗客に送られ、利用客はすぐにSNSで写真をシェアできるのだとか。

また、船内の仮想空間をARで体験できるというアプリがAppストアGoogle Playストアにて無料配信中

なお、気になる実際の打ち上げについては、同社はまだほかにも重要なテストを残しているようで、旅行者を乗せた商業サービスはうまくいっても今年末以降になるとのことだ。

Top image: © Virgin Galactic 2020
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...