宇宙旅行がすぐそこまで!宇宙旅行会社が「客室デザイン」を公開

有人宇宙飛行の商業サービスを目指して準備を進める宇宙旅行会社「Virgin Galactic」が、宇宙船として使用する予定の「VSS Unity」の客室デザインを公開。

ロンドンを拠点にするデザインカンパニー「Seymourpowell」と共同で設計されたという内装デザインは、快適性機能性、そして何より1回数万ドル(数百万円)といわれる高額な旅行代金に見合う特別な体験を提供することを第一に考えて作られたという。

© virgingalactic/Twitter

最大6人の搭乗が可能だというこの飛行船。すべての座席が窓側に設置され、天井に並んだいくつもの天窓からは通常の旅行ではお目にかかれない絶景を眺めることができる。

もちろん、宇宙空間では無重力状態になるので、客室内のあらゆる場所にハンドグリップが設置され、可能な限り柔らかい素材を使用。

船内の至るところに設置されたカメラが高画質での撮影をおこなっているので、貴重な体験中に自ら撮影する手間を省いてくれるという配慮も。撮影された画像は着陸とほぼ同時に乗客に送られ、利用客はすぐにSNSで写真をシェアできるのだとか。

また、船内の仮想空間をARで体験できるというアプリがAppストアGoogle Playストアにて無料配信中

なお、気になる実際の打ち上げについては、同社はまだほかにも重要なテストを残しているようで、旅行者を乗せた商業サービスはうまくいっても今年末以降になるとのことだ。

Top image: © Virgin Galactic 2020
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事