夢の「宇宙旅行」がいよいよ現実に!

1969年にアポロ11号が月面着陸に成功してから半世紀。かつて夢のようだった「宇宙旅行」「宇宙観光」は、今や手の届く“現実”になりつつあります。

この記事ではそんな宇宙ビジネスの現状や、宇宙旅行・宇宙観光にはいつ、どうやって、いくらで行けるのかといった疑問にお答えします。

次の旅行の候補地に「宇宙」が入るという未来はそう遠くはなさそうです......!

宇宙ビジネスの規模は38兆円!

Bryce Space and Technologyのレポートによると、2019年度の宇宙ビジネスの市場規模は2019年の3660億ドル(約38兆円)とされ、2030年には70兆円規模になると予測されています。

従来、国家主導で行われていた宇宙開発プロジェクトですが、2000年代初頭からは民間主導の宇宙ビジネスが拡大。

2000年には、AmazonのCEOであるジェフ・ベゾス氏が「Blue Origin(ブルーオリジン)」を創業。続いて、2002年には、TeslaのCEOであるイーロン・マスク氏が「Space X」を創業。2004年には、ヴァージン・グループの会長であるリチャード・ブランソン氏が「Virgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)」を創業と、民間型宇宙ビジネスが盛り上がっているのです。

2025年には商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング スペース ステーション)」が完成する予定です。

ここには、バスケットボールコートやロッククライミング、トランポリンといった施設やアクティビティも用意され、宇宙旅行先でも楽しく過ごすことができるプログラムの開発も進んでいます。

▼関連記事▼

宇宙旅行はいつ行けるの?

©Gorodenkoff/Shutterstock.com

宇宙旅行企業として初めて上場したヴァージン・ギャラクティックは2021年第1四半期にも宇宙旅行を実施するという見通しを発表しています。料金は1人25万ドル(約2600万円)で、すでに多くの人がチケットを購入しているそう。

また、同社は宇宙船として使用する予定の「VSS Unity」の客室のデザインも公開しています。すべての席が窓際に設置されており、外の景色を楽しめるようになっているようです。

▼関連記事▼

また、イーロン・マスクが設立したスペースX社は、2023年に宇宙旅行のサービスを開始すると発表しています。

「ZOZOTOWN」のスタートトゥデイ前社長の前澤氏が2018年に「月旅行」の契約を結んだのもこのスペースX社。2023年に月旅行へ一緒に行くパートナーを公的に募集したことが世界中で話題になりました。実現すれば民間人初の月旅行となるそうです。

宇宙旅行にはどうやったら行けるの?

ヴァージン・ギャラクティック社は2005年から宇宙旅行の受付を開始。公式サイトで必要事項を入力し、1000米ドルの登録料を支払うことで申込みが可能です。年齢制限は18歳とありますが、そのほかにも条件があるようなので、本気で宇宙旅行を考えている人はヴァージン・ギャラクティック社の公式サイトをチェックしてみてください。

また、日本の旅行代理店クラブツーリズムのグループ会社「クラブツーリズム・スペースツアーズ」はヴァージングループと提携し、宇宙旅行の販売を開始しています。宇宙旅行に関するメルマガの配信や不定期の説明会も開催しているので、宇宙旅行に興味のある方はまずクラブツーリズム・スペースツアーズの公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

さらに、旅行予約サイト大手の「Hotels.com」も9月15日から宇宙旅行に備えて、宿泊予約の受け付けを開始しました。この発表に合わせて「One Small Step for Hotels」という特設サイトがローンチされているので、ユーザーは宇宙旅行に関するさまざまなイメージ画像をチェックしながら、予約リストに名前を追加することができます。実際に行けるかどうかは置いといても、宇宙旅行を想像するだけでもウキウキしてしまいますね。

▼関連記事▼

Top image: © iStock.com/3DSculptor

関連する記事

9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
有人宇宙飛行の商業サービスを目指している宇宙旅行会社「Virgin Galactic」が、宇宙船として使用する予定の「VSS Unity」の客室デザインを...
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
ガス気球(バルーン)を利用し、成層圏をターゲットとした宇宙開発方式である「スペースバルーン」の事業などを手がける企業、「スペース・バルーン株式会社」が、「...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
毎日アプリを開いてチャットする日々に疲れた人のための、“木曜日限定”の新感覚デーティングアプリが開発中。
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
12月8日、米菓で初めて宇宙日本食認証を取得した「亀田の柿の種」が、ついに国際宇宙ステーションに到着。
「BEAMS」が、野口宇宙飛行士とともに製作した宇宙服をファッションウェアにアレンジして、12月2日より先行販売をスタート!
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
地球上とは違い、簡単に除去することが難しいスペースデブリだが、ヨーロッパが共同で設立した欧州宇宙機関では、宇宙空間を清掃するというミッションを計画。スイス...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...