コーヒー、ビールが飲めて、友達もできる!海外で話題の「コインランドリー」が日本にもやってくる?

もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。

洗濯機を回しているあいだ、スマホの画面をただぼんやり眺めて時間をつぶしたり、家に戻って仕上がりを待つ、というのは従来の選択肢。世のトレンドは、ドリップしたてのコーヒーを楽しみ、無料Wi-Fiで仕事の続きができ、クラフトビールを手に友だちと語り合える空間。洗濯目的でなかったとしても、そこは“行きたくなる場所”なのです。

そんな複合型ランドリーの草分け的存在「The Landromat Cafe」が、近く大阪に出店予定という話も。ハイブリッド・コインランドリー元年が、間違いなく日本にもやってくる!

新しいランドリーは、
コミュニティの場です

欧米を中心にここ数年でカフェやバーの機能を備えたランドリーが急増中ですが、こうしたスタイルを黎明期から支え続けていたのが、コペンハーゲンを中心に計4店を展開する「The Landromat Cafe」。

写真だけでは、これがランドリーだなんて想像もつかないでしょう。けれど赤を基調とした店内には、こちらも真っ赤にコーティングされたドラム式洗濯機が、このとおり。

くつろぎの空間づくり
洗濯目的でなくてもOK

洗濯の待ち時間を少しでも快適にするためには……、
①カフェが併設されていること
②インターネットが自由に使えること
③読みたい本がしっかり揃っていること
④地域の人々が集いたいと思える社交の場であること

それら全ての要素を追加していった結果が、このThe Landromat Cafeでした。人気が出ないはずがありませんよね。誰だってあの待ち時間にヒマを持て余していたわけですから。重要なのは「洗濯する場」に固執せず、洗濯もできる「コミュニティ空間」であること。この発想はいま、多くの国で共通認識になろうとしています。

いやが上にも期待せずにはいられない大阪出店。The Landromat Cafeは公式サイトを通じて、「2016年〜17年となる可能性が非常に高い」、という思わせぶりな表記にとどめ、いまだ詳細なエリア等は伏せたまま。

ハイブリッド・ランドリーが
世界同時多発的に増加中

ところで、ラウンジとしての要素をかけ合せることで、これまでになかった価値を生み出す“ハイブリッド・ランドリー”は、ここ数年で同時多発的に各地で増えているんですよ。ここでは、個性的な3件を紹介していきましょう。

Spin
(ポートランド)

ポートランドには、環境に配慮した都市型のランドリーがあります。たとえばエネルギー効率が良く、二酸化炭素排出量が少ない洗濯機が揃っていたり、自然素材で無香料の衣類用洗剤を無料で配布したり。さすがは、全米で最も人と環境にやさしいといわれる町。

この地でソーシャルラウンジとしての機能を果たしているのが、「Spin Laundry Lounge(Spin)」です。

充実したラウンジエリアは、地域のコミュニティスペースとしてワークしています。テーブル席が中心の1F、吹き抜けの2Fはソファでゆったりくつろげる仕様に。無料Wi-Fiを使って、ここで仕事するノマドワーカーも多いそうです。

また、カフェではオリジナルブレンドのコーヒーや、地元産クラフトビールが楽しめるばかりか、地域農家から届いた有機野菜を使ったパニーニなど、フードメニューも人気。22時から午前0時の利用客が減る時間帯にあえてハッピーアワーを設けることで、洗濯をしない人たちでも気軽に訪れる工夫がナイス。週末夜にはライブイベントも開催されるんだとか。

Wasbar
(アントワープ)

アントワープ市内にある「Wasbar」も、やはり複合型施設として機能しています。ほぼカフェ、でも壁際に並ぶ洗濯機はディスプレイでもなんでもありません。もちろん本物、グルングルンここで回るんです。

その間に食事を楽しんだり、逆に待ち合わせの場所に使ったり、ランチだけしに来る人も多いそうで、人気はベールグサンドのランチプレート。

栓抜きと洗濯バサミを組み合わせた店のロゴもGOOD。手前のテーブルには、アンティークアイロン。随所にランドリー感を引き立たせる演出が上手。月に数回ワークショップも開催されるそうです。

Laundry Project
(ソウル)

ソウルに暮らす人でさえ、「Laundry Project」で洗濯ができることを、知らないの人も少なくないそうです。なぜなら店の外からでは、ほぼ洗濯機を目にすることができないから。「washing room」は店のいちばん奥にありました。

ガラス窓で隔てられているため特有の動作音もシャットアウトできるため、ゆったりラウンジ気分を満喫できるそうですよ。

まっさらなリネンをイメージした店内は、白で統一。この白壁を利用して、イラストレーターや写真家の作品を展示することも。ギャラリーとしても機能するLaundry Projectは、まだガイドブックにも載っていない最旬スポットなのです。

そもそも洗濯をする、という唯一の目的のためのみに訪れる場所だったはずのランドリー。それが付加価値を付け加えることで、確実にいま地域コミュニティのひとつになろうとしています。もちろん、その流れは日本にも。

厚生労働省の調査(2013年度)によると、コインランドリーは過去10年間で約4,000店舗増。共働き世代が「まとめ洗い」に、自宅の洗濯機よりも大きいランドリーを使用する背景が増加の背景にあるようです。ランドリーのIT化も進み、空き状況や終了通知をウェブ上で確認できるIoTの波も。

スキマ時間をどう楽しむか、から家事もひとつの楽しみとして、へ。「ついでに洗濯もできる」な時代は、もうすぐそこまで来ています。

Licensed material used with permission by The Laundromat Café
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
家庭的で素朴な味わいを求めて、多くのハリウッドスターもお忍びでやってくるという、ロサンゼルスで人気のパイとオーガニックコーヒーの専門店「The Pie H...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
洗濯しながら、本格コーヒーが楽しめる 。ドイツ生まれのソーシャルランドリーFREDDY LECK〒152-0001 東京都目黒区中央町1丁目3-13htt...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
コインを投げれば、願いが叶うー。世界には、そんな伝説が伝わる場所がいくつかあります。最も有名な観光地のひとつといえば、イタリアにある「トレビの泉」。映画『...