【日本初上陸】話題のチョコレート専門店「ダンデライオンチョコレート」って?

先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京・蔵前にオープン。待望の“黒船”に対して、主に女性陣から熱い視線が注がれています。

話題沸騰!
「Bean to Bar」ブームの
パイオニアが蔵前に

そもそも「ダンデライオンチョコレート」は、IT業界から転身したトッド・マソニスとキャメロン・リングが、ガレージでクラフトチョコレートを作ったことから始まったブランド。

カカオ豆からチョコレートバーをつくるまでの全ての工程を一貫して行う「Bean to Bar(ビーン・トゥー・バー)」ブームの火付け役と言われており、サンフランシスコから世界中へムーブメントを広げようとしています。

「Bean to Bar」をさらに詳しく説明すると、カカオ豆の選別、焙煎、粉砕、調温を行い、一つひとつのチョコレートバーを手作業で型に流し入れること。良質なカカオ豆を買い付け少量の商品を丁寧に製造することで、それぞれの豆の独自のフレーバーを引き出せるのだとか。

Reference:obliviousboy

直火で乾燥させたカカオ豆のスモーキーな風味が漂う「パプアニューギニア・スモア」は、注文が入ってからトーストしてくれます。

Reference:juliahengel

以上がサンフランシスコ本店の様子。ここからの写真は、オープンしたばかりの「蔵前店」のもの。すでにInstagramは実際に足を運んだ人たちの投稿で賑わっています。

オープン直後とあって、行列ができている模様。

1階はチョコレートファクトリーとスタンド、2階はカフェとワークショップスペースになっています。

ちなみにワークショップでは、カカオ豆からのチョコレート作りも体験できるのだそう。しばらくは混雑が予想されますが、チョコレート好きなら並んででも食べてみたい!